Oct21Sat

内臓を刺激して、胃バテを乗り切ろう!

2017.07.31
漫画
マイペース男子ススムくんと破天荒女子のミチルちゃん。イタズラ好きのミチルちゃんに翻弄されがちなススムくんだが、なぜか気の合う2人は東京都内でルームシェア中。

〈 のびのび〜ストレッチ〜 ヨガ編 〉

今日のテーマ 内臓を刺激して、胃バテを乗り切ろう!
YOGA INSTRUCTOR:芥川舞子さん

うだるような暑さが続くと、冷たいものが欲しくなりますよね。でも、冷たい食べ物や飲み物は胃の働きを悪くさせ、胃もたれや胃痛といった「胃バテ」の原因になることがあります。
消化のいいものをしっかり食べるためには、内臓の働きを活性化することが大切。カラダをひねるポーズで内臓を刺激しましょう。


Yoga 1ランジのポーズ

ランジのポーズ1

左脚を前、右脚を後ろに大きく開く。左膝は直角に曲げ、右膝は床につける。両手は胸の前で合掌。

arrow
ランジのポーズ2

【ゆっくりと吸って吐くを5回繰り返す】
息を吐きながらカラダを左にひねる。上体を前に倒して右膝を床から離し、左膝の横に右肘を引っ掛ける。できるだけ手の位置が胸の真ん中にくるように、手と手を押し合おう。その場で5呼吸したらゆっくりと元に戻り、逆も同様に行う。


Yoga 2捻った木のポーズ

捻った木のポーズ1

両脚を揃えて立つ。右膝を胸に引き寄せて、両手で抱きかかえる。背すじを伸ばし、カラダがぐらつかないようバランスをとる。

arrow
捻った木のポーズ2

【ゆっくりと吸って吐くを5回繰り返す】
左手で膝を抱え、右腕を肩のラインで真横に伸ばす。息を吸いながら胸を開くように右腕を後ろに伸ばし、上体をツイスト。このまま5呼吸。ゆっくりと元に戻り、脚を入れ替え逆も行う。


芥川舞子●あくたがわ・まいこ。モデル/ヨガインストラクター。ヨガ指導歴12年。大手ヨガスタジオでトップインストラクターとして活躍する傍ら、若手インストラクターの育成にも携わる。大型イベントやメディアにも多数出演。ホットヨガスタジオLAVA CMキャラクター/ Reebok ONE アンバサダー 。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/沼田光太郎
衣装協力/リーボック