Sep22Fri

海だ!プールだ!泳ぐ前に行いたい足つり予防

2016.07.25
manga

今日のストレッチ海だ!プールだ!泳ぐ前に行いたい
足つり予防

毎年、海開きの季節がやってくると、フランス代表の競泳選手カミーユ・ラクールのように泳ぎもカラダも(ついでに顔も)完璧だったらなと思う。もちろんそういうわけにもいかない。そんな完璧になれなくても、せめてプールや海で彼女に格好悪いところを見せないように、足つり予防だけはしておきたいもの。足首周りは特によく動かすから、念入りにストレッチ。せっかくだから泳ぎをダイナミックに見せるために、肩の可動域も広げて温めておこう。


Stretch 1フェンシング

ストレッチ画像

脚を大きく前後に開いて立ち、両脚の膝を正面に向ける。手は腰に置く。

arrow
ストレッチ画像

前脚の膝を曲げ、後ろの足の足首を伸ばした状態で10~30秒キープ。反動をつけず、ゆっくり足首を伸び縮みさせるように行う。後ろの脚を曲げないように注意しよう。逆脚も同様に。

Stretch 2バリスティック・フェンシング

ストレッチ画像

Stretch 1の後ろの足の足首を伸ばした状態からスタート。

arrow
ストレッチ画像

後方の脚のかかとを床から浮かし、つま先立ちになる。同時に重心を前に移動、曲げていた前の膝をまっすぐにする。スタート姿勢から、この動きを交互に繰り返し、後脚のふくらはぎをほぐす。逆脚も同様。10回×1~3セット。


Stretch 3ハンド・ビハインド・ネック

ストレッチ画像

右腕を頭上へ上げて肘を曲げる。軽く顎を引いておく。

arrow
ストレッチ画像

左手を右肘に添え、右肘を左側に引き寄せながら10~30秒キープ。肩の可動域を広げる意識で行えば、泳ぎも向上する。


Column5分泳ぐと、そこから脂肪がエネルギーに!

水泳、特にクロールのエネルギー消費量が凄いといっても、そんなに長い距離を泳げない人も多いだろう。しかしご安心を。「クロールで主に使われるのは大腿四頭筋や臀筋、上腕三頭筋や大胸筋などですが、いずれも遅筋が優位に働きます。なのでそれほど長い距離を泳がなくても脂肪燃焼効果はありますし、上達して長時間泳げるようになれば継続的に脂肪がエネルギーとして使われることになります」(国士舘大学の須藤明治教授)。ゆっくり長く泳ぐ運動を5~10分も続けるとその時点で体内のエネルギー供給の割合がぐっと上昇し、体内の炭水化物や脂肪、タンパク質がエネルギーとして燃焼される。逆に、早く泳ごうと無酸素状態になってしまうと、たちまちエネルギーの供給は下がる。効率のよいエネルギー供給には、「ゆっくり長く」が肝心なのだ。



ストレッチ監修/坂詰真二 取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/村田真弓 スタイリスト/高島聖子 漫画/中村純司
コラム取材・文/黒田 創 コラム取材協力/須藤明治(国士舘大学体育学部教授)

衣装/タンクトップ4,500円、ブラトップ5,000円、2in1ショートパンツ4,000円、シューズ《ナイキ ウィメンズ スタジオ ラップ4》5,500円、以上NIKEカスタマーサービス (TEL)0120-645377