Oct22Sun

バレーボール前に行いたい、肩・腹・脚の怪我予防!

2016.11.07
マイペース男子ススムくんと破天荒女子のミチルちゃん。イタズラ好きのミチルちゃんに翻弄されがちなススムくんだがなぜか気の合う2人は東京都内でルームシェア中。
マイペース男子ススムくんと破天荒女子のミチルちゃん。イタズラ好きのミチルちゃんに翻弄されがちなススムくんだが、なぜか気の合う2人は東京都内でルームシェア中。

今日のストレッチバレーボール前に行いたい、
肩・腹・脚の怪我予防!

スポーツの秋。友人やパートナーに誘われることもあるバレーボールは、全身を使うスポーツって知ってる? 華麗なサーブ、トスには肩の柔軟性が。ド派手なアタックには空中の「く」の字が肝心だから腹部の伸びが。低い姿勢からすくい上げるレシーブには股関節の柔らかさが欠かせない。とまあこんな具合にバレーボールは全身運動というわけだ。いざ、補充メンバーを任された途端に怪我なんてカッコ悪い。肩・腹・脚の3点をよーくほぐしてプレーに臨もう。


Stretch 1ディープ・バウ

ストレッチ1-1

椅子から大股一歩分離れたところに立つ。膝をついて、両腕を伸ばして座面の両端を持つ。

arrow
ストレッチ1-2

座面をつかんだまま両腕の間に頭を入れるように上体を後ろに引き、お尻と踵をつける。肩周りのストレッチ。10秒×2〜3セット。


Stretch 2フル・スウェイバック

ストレッチ2-1

つま先を立てた状態で軽く開いた膝を床につけ、両手で掴んだ踵にお尻を乗せる。

arrow
ストレッチ2-2

両手で踵を持ったまま、胸を天井方向に突き上げるように上体を反らし、腹部前側をストレッチ。10秒×2〜3セット。


Stretch 3サイド・ランジ

ストレッチ3-1

両脚を大きく開いて立ち、つま先を45度外側に向ける。背すじを伸ばしたまま上体を前に倒し、両手を腿の前に置く。

arrow
ストレッチ3-2

膝とつま先の向きを揃えたまま片脚を曲げ、深く伸脚して股関節の内側をほぐす。10秒キープして、脚を入れ替える。これを2〜3セット。


ストレッチ監修/坂詰真二 取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/村田真弓 スタイリスト/高島聖子 漫画/沼田光太郎

衣装/ブラトップ3,500円、カプリタイツ8,500円、シューズ《ウィメンズ ナイキ フリー ラン フライニット》14,000円、以上NIKE カスタマーサービス(TEL)0120-645377




リンククロス×ターザン

忙しい日々をリセット! いまどきのヨガスタイルのすすめ。〈PR〉

vol.1 ヨガ的呼吸と姿勢で疲れた頭をリセット!

石毛志穂さん

石毛志穂さん
●いしげ・しほ ストラーラヨガの日本初スタジオ、ストラーラ東京のオーナー兼ガイド。アースゴルフアカデミーの協力により、2015年秋に大崎Bright Towerにスタジオをオープン。ストラーラヨガの日本導入を手がけるほか、ガイドのリクルート・育成・トレーニングでの通訳などをしている。都内を拠点に企業やホテルと提携し、ヨガイベントを企画・開催。Reebokのアドバイザー、ヨガタレントとしても活躍中。

【ストラーラヨガとは?】
NY発祥の近代的で音楽に合わせたカジュアルで心地よいスタイルのヨガ。「自分らしく、自由に、心地よく楽しむこと」を目標とし、呼吸に合わせて流れるように動くのが特徴。ヨガの新星カリスマと言われるタラ・スタイルズ及びパートナーのマイケル・テイラーにより2008年に創立された。現在世界中で人気急上昇の注目の流派です。

ヨガといえば、ぱっと思い浮かぶのはアクロバティックなポーズ。でも、それはヨガのごく一部。本来ヨガは悟りを得るための修行で八支則という8つの要素で構成される。
ヨガインストラクターの石毛志穂さんによれば「八支則のひとつめは道徳的基本、ふたつめは社会に対しての行動規範、3つめはアサナというポーズ。これが今ヨガとして知られているもの。4つめに呼吸があり、以下、5つめの精神の安定、6つめの集中、7つめの瞑想、最後の悟りの状態となります」。
このうち、呼吸はヨガの基本中の基本。「どの流派のヨガであれ、呼吸が一番大事です。私たちのストラーラヨガでは、楽に呼吸を続けることを大切にしています。我々ガイドは、無理のない自然な動きの中で、呼吸が楽にできる場所を見つけるお手伝いをします。とくに忙しい現代人は浅い呼吸を繰り返しがちで深呼吸が苦手。まずはヨガで深い呼吸のコツを掴んでください。難しく考えず、呼吸ができれば、ヨガができます」。
正しい呼吸は正しい姿勢から。背筋を伸ばし、深く大きな呼吸をした後は、カラダは軽く、頭はスッキリ!

【姿勢】踵を前後に合わせて座り、両手を膝に置く。頭のてっぺんを天井に向かってぐーっと引き上げて背中をピンと張り、顎を少し引いて、おヘソを背骨に引き寄せる。 【呼吸1】鼻から大きく息を吸いながら、呼吸に合わせて弧を描くように両手を天井に向かって伸ばし、頭の上で合唱。鼻からゆっくり息を吐きながら両手を胸の前に降ろして一旦制止。これを呼吸と手の動きに合わせて、あと2〜5回繰り返し。 【呼吸2】背中をまっすぐ伸ばした姿勢のままで鼻から息を大きく吸い、口から息を大きくゆっくり吐く。コツは息を吐き切ること。息を吐き切れば自然に吸い始めます。3〜5呼吸繰り返してフィニッシュ。
【姿勢】踵を前後に合わせて座り、両手を膝に置く。頭のてっぺんを天井に向かってぐーっと引き上げて背中をピンと張り、顎を少し引いて、おヘソを背骨に引き寄せる。
【呼吸1】鼻から大きく息を吸いながら、呼吸に合わせて弧を描くように両手を天井に向かって伸ばし、頭の上で合唱。鼻からゆっくり息を吐きながら両手を胸の前に降ろして一旦制止。これを呼吸と手の動きに合わせて、あと2〜5回繰り返し。
【呼吸2】背中をまっすぐ伸ばした姿勢のままで鼻から息を大きく吸い、口から息を大きくゆっくり吐く。コツは息を吐き切ること。息を吐き切れば自然に吸い始めます。3〜5呼吸繰り返してフィニッシュ。

後半の記事は、Linkx(リンククロス)公式サイトでお楽しみください。

linkx_banner2


コラム取材・文/石飛カノ コラム撮影/千葉 論