Oct22Mon

目の疲れが出たらツボ押しで解消しましょう。

2018.09.24
mon_20180924_img1
マイペース男子ススムくんと破天荒女子のミチルちゃん。イタズラ好きのミチルちゃんに翻弄されがちなススムくんだが、なぜか気の合う2人は東京都内でルームシェア中。

〈セルフケア ツボ編〉目の疲れが出たら
ツボ押しで解消しましょう。

神崎先生プロフィール
さくら治療院院長 神崎貴子先生

紫外線の影響を受けやすいのは皮膚というイメージですが、実は“目”も相当なダメージを受けています。とくに夏の強い紫外線は、眼精疲労や結膜炎といったトラブルの原因にもなります。そして、それらの症状が現れやすいのが夏が去った今の時期。読書の秋に向けて、ツボ押しで目のトラブルを撃退しましょう。


ツボ その壱

mon_20180924_img2

【しょうたく】小指の外側、爪の生え際にあるツボ。両手にある。頭の血行を促す効果があり、眼精疲労やかすみ目に有効。自律神経を整えるツボの一つでもある。

arrow
mon_20180924_img3

親指と人差指で、逆の手の小指を挟んで持つ。挟む力を強めながら、5秒間キープ。逆の手も同様に行う。小さなツボなので、ペンなどを使って押してもよい。


ツボ その弐

mon_20180924_img4

【ぎょよう】眉毛の真ん中から、やや下にずれたくぼみにあるツボ。左右にある。眼球運動を司る外眼筋に働きかけるツボで、老眼や乱視にも効果的。

arrow
mon_20180924_img5

中指の腹を左右それぞれのツボに当てる。やや俯き加減になり、上に押し上げるように優しく5秒間押す。


神崎貴子●かんざき・たかこ。鍼灸あんま指圧マッサージ師/(特非)日本スポーツアロマトレーナー協会副理事長。数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動した後、現在は『さくら治療院』の院長を務める。シドニーとアテネ五輪ではトレーナーとして選手村に入り、海外選手を担当した経験も。著書に『「スポーツアロママッサージ」よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル社)など。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/沼田光太郎 モデル/長谷川沙遊
コンフォートワークアウトブラ3,500円(C3fit)、フライウェイトトレイルショーツ7,350円(ザ・ノース・フェイス)(問)ザ・ノース・フェイス 3(マーチ)(TEL)03・6418・4921。