Nov16Fri

残暑のせいでダルいときは内臓に効くツボ押し!

2018.09.03
mon_20180903_img1

〈セルフケア ツボ編〉残暑のせいでダルいときは
内臓に効くツボ押し!

神崎先生プロフィール
さくら治療院院長 神崎貴子先生

今年はとくに暑い期間が長いので、冷たいものを食べたり飲んだりする機会も多いですよね。しかしその食生活を続けると、内蔵が冷え、全身の疲れやだるさを引き起こす原因になります。ツボ押しで消化器官の機能を高め、カラダの内側から元気になりましょう!


ツボ その壱

mon_20180903_img2-2

【うらないてい】足の人差し指(第2指)を折り曲げて、指の腹が当たる部分にあるツボ。食あたりや食欲不振に効くほか、下痢を止める効果もある。

arrow
mon_20180903_img3

床に座り楽な姿勢をとり、片手の親指の腹をツボに当てる。強めの圧で5秒間じんわりと押す。逆足も同様に行う。


ツボ その弐

mon_20180903_img4

【ひゆ】肩甲骨の下部と骨盤の上部を結んだラインの中央よりやや上の高さで、背骨から指2本分外側にある左右のツボ。その名のとおり脾臓の機能を高めるほか、胃や腸など消化器全般の調子を整える。

arrow
mon_20180903_img5

両手で肋骨を包むように持ち、親指の腹を左右のツボに当てる。自然な呼吸をしながら、5秒間ゆっくりと押す。力が入りにくい場合は、人に押してもらうか、床に置いたテニスボールの上に仰向けになり圧をかけるのもよい。


神崎貴子●かんざき・たかこ。鍼灸あんま指圧マッサージ師/(特非)日本スポーツアロマトレーナー協会副理事長。数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動した後、現在は『さくら治療院』の院長を務める。シドニーとアテネ五輪ではトレーナーとして選手村に入り、海外選手を担当した経験も。著書に『「スポーツアロママッサージ」よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル社)など。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/中村純司 モデル/長谷川沙遊
コンフォートワークアウトブラ3,500円(C3fit)、フライウェイトトレイルショーツ7,350円(ザ・ノース・フェイス)(問)ザ・ノース・フェイス 3(マーチ)(TEL)03・6418・4921。