Nov15Thu

ジム通いで疲れたときはツボ押しで癒しましょう!(1)上半身編

2018.08.20
mon_20180820_img1
ミッタン:疲れている人を放っておけない心優しい女の子。たまに可愛い失敗もしちゃうけれど、今日も元気に成長中! 大好きなのは、パパと風船。

〈セルフケア ツボ編〉ジム通いで疲れたときはツボ押しで
癒しましょう!(1)上半身編

神崎先生プロフィール
さくら治療院院長 神崎貴子先生

今週23日発売の『ターザン』はジム特集。これを読めば、きっとトレーニングのモチベーションが高まるはず。張り切って筋トレを始めたものの、筋肉痛で即ギブアップ……なんてことにならないよう、筋疲労を和らげるツボを知っておきましょう。今回は「腕」と「胸」。上半身のトレーニング後に押してみてくださいね。


ツボ その壱

mon_20180820_img4

【てんせん】脇の下のシワから腕側に向かって、指3本分下にあるツボ。腕の筋肉痛を緩和するほか、疲れ目やイライラの解消にも効果的。

arrow
mon_20180820_img5

逆の手で腕を下から掴むように持ち、親指をツボに当てる。痛気持ちいい範囲で5秒間じんわりと刺激する。反対側の腕も同様に行う。


ツボ その弐

mon_20180820_img2

【ちゅうふ】鎖骨の下側を首から肩の方になぞると凹みにぶつかる。そこから指1本分下にあるツボで、押すとズンと痛みを感じる。胸の筋肉痛を和らげるだけでなく、リンパの流れがよくなることで胸に張りが出る。女性はバストアップ効果も期待できる。

arrow
mon_20180820_img3

逆側の手の中指をツボに当て、5秒間ゆっくりと垂直に押し込む。反対側も同様に行おう。


神崎貴子●かんざき・たかこ。鍼灸あんま指圧マッサージ師/(特非)日本スポーツアロマトレーナー協会副理事長。数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動した後、現在は『さくら治療院』の院長を務める。シドニーとアテネ五輪ではトレーナーとして選手村に入り、海外選手を担当した経験も。著書に『「スポーツアロママッサージ」よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル社)など。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/コルシカ モデル/長谷川沙遊
コンフォートワークアウトブラ3,500円(C3fit)、フライウェイトトレイルショーツ7,350円(ザ・ノース・フェイス)(問)ザ・ノース・フェイス 3(マーチ)(TEL)03・6418・4921。