Aug15Wed

最近なんだか元気がないあなたへ、精力増強のツボ押し。

2018.08.06
mon_20180806_img1

〈セルフケア ツボ編〉最近なんだか元気がないあなたへ、
精力増強のツボ押し。

神崎先生プロフィール
さくら治療院院長 神崎貴子先生

8月9日発売の『ターザン』は《男と女の、ハンサムSEX。》です。実はツボのなかにも、精力を高めることができる場所があるってご存知でしたか? 子宮や生殖器の近くに位置する次の2つのツボは、精力増強だけでなく、ホルモンの乱れを整え更年期障害を改善する効果もあります。最近なんだか元気が出ないな、と感じている人も必見です。


ツボ その壱

mon_20180806_img2

【だいかく】おへその指4本分下から、左右に指1本分外側にあるツボ。男性ホルモンの分泌を促し、精力の底上げをする効果がある。

arrow
mon_20180806_img3

左右の中指の腹をそれぞれのツボに当てる。大きく息を吸ってお腹を膨らませ、5秒間かけて息を吐きながらお腹をへこませて同時に圧をかける。


ツボ その弐

mon_20180806_img4

【はちりょうけつ】背骨の下部に位置する大きな逆三角形の骨(仙骨)の正中線から、指1.5本分外側にある左右のツボ。縦に4つずつ並んでいる。男性の精力減退や泌尿器疾患、女性の婦人科疾患全般の治療にも使われる。

arrow
mon_20180806_img5

両手を腰に置き、親指を左右それぞれのツボに当てる。上から順に4つのツボを5秒間ずつじんわり刺激するつもりで、少しずつ位置をずらしながら押そう。自分で押しにくい場合は、お灸やホットタオルでツボ周辺を温めてもよい。


神崎貴子●かんざき・たかこ。鍼灸あんま指圧マッサージ師/(特非)日本スポーツアロマトレーナー協会副理事長。数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動した後、現在は『さくら治療院』の院長を務める。シドニーとアテネ五輪ではトレーナーとして選手村に入り、海外選手を担当した経験も。著書に『「スポーツアロママッサージ」よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル社)など。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/中村純司 モデル/長谷川沙遊
コンフォートワークアウトブラ3,500円(C3fit)、フライウェイトトレイルショーツ7,350円(ザ・ノース・フェイス)(問)ザ・ノース・フェイス 3(マーチ)(TEL)03・6418・4921。