Nov19Mon

夏の日差しを浴びたらツボ押しでエイジングケアを。

2018.07.30
mon_20180730_img1
マイペース男子ススムくんと破天荒女子のミチルちゃん。イタズラ好きのミチルちゃんに翻弄されがちなススムくんだが、なぜか気の合う2人は東京都内でルームシェア中。

〈セルフケア ツボ編〉夏の日差しを浴びたら
ツボ押しでエイジングケアを。

神崎先生プロフィール
さくら治療院院長 神崎貴子先生

夏の強い太陽光線を無防備に浴びると、シミ、しわ、たるみといった光老化が起こります。日焼け止めを必ず塗る、日焼け後に保湿をする、といったケアももちろん大切ですが、ツボ押しを組み合わせることで老化の進行を遅らせることができます。手の届きやすい場所なので、気軽に押してみてください。


ツボ その壱

mon_20180730_img2

【しょうしょう】顔の中央、下唇すぐ下の凹んでいる部分にあるツボ。顔のむくみ解消と小顔効果があるだけでなく、口周りのしわやたるみ、口内炎などの改善にも有効。

arrow
mon_20180730_img3

両手の中指を重ねてツボに置き、気持ちいいと感じる強さでゆっくりと5秒間かけて押す。


ツボ その弐

mon_20180730_img4

【どうしりょう】目尻から親指一本分外側の骨のくぼみにあるツボ。眼精疲労やかすみ目といった目のトラブルを緩和するほか、目元のしわ改善にも有効。血行が促されることで顔色もよくなる。

arrow
mon_20180730_img5

左右それぞれのツボに中指の腹を当て、目を閉じる。5秒間かけてじんわりと、皮膚に対して垂直に押す。


神崎貴子●かんざき・たかこ。鍼灸あんま指圧マッサージ師/(特非)日本スポーツアロマトレーナー協会副理事長。数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動した後、現在は『さくら治療院』の院長を務める。シドニーとアテネ五輪ではトレーナーとして選手村に入り、海外選手を担当した経験も。著書に『「スポーツアロママッサージ」よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル社)など。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/沼田光太郎 モデル/長谷川沙遊
コンフォートワークアウトブラ3,500円(C3fit)、Vent Mesh Short 7,900円(ザ・ノース・フェイス) (問)ザ・ノース・フェイス 3(マーチ)(TEL)03・6418・4921。