Aug15Wed

ランナー必見! 練習後のケアにおすすめのリカバリ〜「脚ツボ」。

2018.02.12
漫画
マイペース男子ススムくんと破天荒女子のミチルちゃん。イタズラ好きのミチルちゃんに翻弄されがちなススムくんだが、なぜか気の合う2人は東京都内でルームシェア中。

〈セルフケア ツボ編〉ランナー必見! 練習後のケアに
おすすめのリカバリ〜「脚ツボ」。

神崎先生プロフィール
さくら治療院院長 神崎貴子先生

東京マラソン、名古屋ウィメンズマラソンなどのビッグレースに注目が集まる時期ですね。大会には出なくても、冬は基礎体力作りとしてランニングに励んでいる人も多いのではないでしょうか。楽しく走り続けるためには、ラン後のケアも大切。脚の疲れを緩和するツボを刺激して、ケガを予防しましょう。


ツボ その壱

湧泉1

【 ゆうせん 】足の指を曲げた時に、ちょうどくぼむ部分が湧泉のツボ。足裏ど真ん中より、やや上に位置する。足の疲れをとるだけでなく、冷えや不眠にも効果がある。

arrow
湧泉2

両手で足を包み込むように持ち、ツボの上で親指を重ねる。両手に力を入れて、5秒間強めに押す。ゴルフボールを床に置き、そのうえに足を乗せて体重をかけてツボを刺激してもOK。


ツボ その弐

足陽関1

【 あしようかん 】膝のお皿の外側にある出っ張った骨から、指2本分上に位置するくぼみ。ランナーズニーをはじめ、腰の痛み、足の冷えにも効果がある。

arrow
足陽関2

軽く膝を曲げ、同じ側の手で脚を下から支えるように持ち、ツボに親指を当てる。痛気持ちいい範囲で5秒間押し、ゆっくり緩める。逆脚も同様に行う。


神崎貴子●かんざき・たかこ。鍼灸あんま指圧マッサージ師/(特非)日本スポーツアロマトレーナー協会副理事長。数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動した後、現在は『さくら治療院』の院長を務める。シドニーとアテネ五輪ではトレーナーとして選手村に入り、海外選手を担当した経験も。著書に『「スポーツアロママッサージ」よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル社)など。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 スタイリスト/齋藤良介 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/沼田光太郎 モデル/長谷川沙遊