Sep23Sun

「正月病」に効くツボを紹介。食欲抑制と内臓活性化の効果あり!

2018.01.08
漫画
ミッタン:疲れている人を放っておけない心優しい女の子。たまに可愛い失敗もしちゃうけれど、今日も元気に成長中! 大好きなのは、パパと風船。

〈セルフケア ツボ編〉「正月病」に効くツボを紹介。
食欲抑制と内臓活性化の効果あり!

神崎先生プロフィール
さくら治療院院長 神崎貴子先生

新年最初の1週間が過ぎ、明日から本格的に仕事モードに突入する方も多いのではないでしょうか。ところが、なんだかカラダが重いぞ? という人、暴飲暴食による体重増加が原因で、ダルさが出ているのかもしれません。
そんなときは「食欲抑制のツボ」と「内臓を活性化するツボ」を刺激して、食欲をコントロールしましょう。


ツボ その壱

飢点1

【 きてん 】耳の穴の前にある軟骨の突起から、やや下に位置するくぼみ。食欲を抑える効果があるので、食事の前に押すとよい。

arrow
飢点2

中指、または人差し指をツボに当て、左右均等の強さでじんわりと5秒間押す。


ツボ その弐

天枢1

【 てんすう 】おへそから左右に指2本外側にある。内臓全般の働きを活性化させるツボで、便秘・下痢解消にも効果がある。

arrow
天枢2

人差し指、中指、薬指の3本の指を当てる。息を大きく吸いながらお腹を膨らませ、吐きながらへこませる腹式呼吸に合わせて、吐く息と同時にツボを押す。3秒で息を吸い、3秒で息を吐く。


神崎貴子●かんざき・たかこ。鍼灸あんま指圧マッサージ師/(特非)日本スポーツアロマトレーナー協会副理事長。数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動した後、現在は『さくら治療院』の院長を務める。シドニーとアテネ五輪ではトレーナーとして選手村に入り、海外選手を担当した経験も。著書に『「スポーツアロママッサージ」よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル社)など。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 スタイリスト/齋藤良介 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/コルシカ モデル/長谷川沙遊
ブラトップ 4,900円、ショートパンツ 3,400円、以上アンダーアーマー、(問)ドームカスタマーセンター (TEL)0120・106・786。