Aug18Sat

ビジネス戦士の大敵、「首のこり」に効くツボ登場!

2017.10.30
漫画

〈セルフケア ツボ編〉ビジネス戦士の大敵、
「首のこり」に効くツボ登場!

神崎貴子先生
さくら治療院院長 神崎貴子先生

10月から『今日トレ』月曜日の担当をさせていただく、さくら治療院・院長の神崎貴子(かんざきたかこ)です。これから紹介する“ツボ押し”で日々の不調を整えていきましょう。
今回のテーマは、特にデスクワーカーに多い「首のこり」。デスクにいながら気軽にできるものなので、気が付いた時に押してください。


ツボ その壱

天窓1

【 てんそう 】横を向いたとき、首に盛り上がる太い筋肉(胸鎖乳突筋)の後ろ側にあり、喉仏の高い位置から横にずらしたあたり。首・肩コリ、寝違えの改善などに効果的。

arrow
天窓2

押したい側の首と反対の手を首筋に当てる。中指をツボに当て、イタ気持ちいいと感じる範囲で5秒、圧をかける。反対のツボも同様に行う。


ツボ その弐

肩井1

【 けんせい 】首の付け根と肩先のちょうど中間にあるツボ。肩がこると自然と手がいく場所でもある。

arrow
肩井2

押したい側と逆の手を肩に乗せる。人差し指、中指、薬指の3本でツボを押す。反対のツボも同様に行う。


神崎貴子●かんざき・たかこ。鍼灸あんま指圧マッサージ師/(特非)日本スポーツアロマトレーナー協会副理事長。数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動した後、現在は『さくら治療院』の院長を務める。シドニーとアテネ五輪ではトレーナーとして選手村に入り、海外選手を担当した経験も。著書に『「スポーツアロママッサージ」よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル社)など。


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/胡桃澤和久(Three PEACE) 漫画/中村純司 モデル/長谷川沙遊
衣装協力/suria