Nov23Thu

お湯を沸かしてる間に肩と腕の連動性を高める。

2017.02.22
wed_20170222_situation

給湯室でお湯が沸くのを待っている手持ち無沙汰な時間。手近にあるふきんを手にとって、スナップを効かせて振ってみる。繰り返すことで手首から肩までの回旋運動の連動性が養われ、キャッチボール動作の鍛錬に。

wed_20170222_img1

片手でふきんの隅っこをつまみ、肘を曲げ、顔の高さくらいまで持ち上げる。


wed_20170222_img2

手首から前腕のスナップを効かせて、ふきんを振り下ろす。脱力した状態で行うのがポイント。


wed_20170222_kansou

1杯分のお湯が沸く、2分の間に振ってみました。1分間でおよそ45回、左右で90回も続ければ、PC作業で固まった肩もほぐれて、しっかりと達成感も。手を振る際は、肘だけでなく、ちゃんと肩から動かすように意識してみてください!

wed_20170222_pb2

監修/齊藤邦秀 取材・文/石飛カノ、村田竜平