Nov15Thu

寝っころがりながら、肩のトレーニング。

2018.09.12
wed_nekkoro

自宅でのんびり、寝っころがりながらテレビを見ること、ありますよね。そんなとき、CM中だけで良いので、寝姿勢からできるトレーニングに挑戦しませんか?
紹介するエクササイズはBasicとAdvanceの2種類。休日や寝る前のちょっとした時間で、日頃の運動不足を少しでも解消しましょう!


wed_bed_thema

寝っころがりながら、
肩のトレーニング。

それは日曜の午後、BSの競馬番組を見ていたときでした。軽く500円かけていた第9レース、クッションをぐっと握りながら見入り、的中したのを見届けてウキウキしながらCM中に肩トレ。次に1000円突っ込んだ最終レースで負けて、CM中にがっくりしながらまた肩トレ。そんな午後でした。

【 Basic 】

wed_20180912_img1

頑張れよ〜。


wed_20180912_img2

CMだ! 床に横になり、肘枕をして両膝を曲げる。上側の手でクッションの端を握り、大きく上下に動かす。下に下ろしたときは床につけないこと。モーメントアームが長いのでクッションとはいえ結構キツい負荷が肩にかかる。


【 Advance 】

wed_20180912_img3

行け、行くんだ! 頼む〜!


wed_20180912_img4

CMだ……。四つん這いの姿勢で両手の掌を壁につけて、嘆きのポーズ。そして肘を曲げて壁を目いっぱい押して、壁ショルダープレス! できるだけ低い位置で壁を押すことで、より大きい負荷が得られる。脱力とプッシュを繰り返せ!


今日の感想

鍛えづらい肩を
自宅で鍛えられる!

なかなか鍛える機会が少ない肩。しかしTシャツにしろ、スーツにしろ、服を着たときの見栄えを左右する大事な部位。脱いだときのメリハリのない肩もコンプレックスだっただけに、競馬の悔しさもバネに、今回はより真面目にトレーニング。Advanceで鍛える際は、両足でしっかり踏ん張ると、負荷が高まりますよ! 


wed_20180912

監修/齊藤邦秀 取材・文/石飛カノ 撮影/大嶋千尋