Sep19Wed

スライサー&缶詰で作る、超お手軽タンパク質サラダ

2018.09.05
食べながらタイトル

今週は、食事でカラダを作る「食べながらトレ」。紹介するレシピは、超手軽なのにタンパク質リッチ。
一人暮らしで、普段まったく料理をしない編集部員が調理にチャレンジします。
どれも、コンビニやスーパーで確実に手に入る食材を使っているので、ハードル低いですよ!


今日のメニュー

スライサーサラダ

生野菜はもっぱら市販のカット野菜を活用。確かに便利だけど、より栄養価が高くよりお値段の安いサラダが食べたい! と思った人にはスライサーをオススメしたい。包丁&まな板いらずのお手軽さに目からウロコ。ついでに水切り用のサラダスピナーも揃えれば完璧! 缶詰でタンパク質をアップさせれば、それはもう立派な一品です。


材料

今回の主な食材:キャベツやニンジンなど好みの野菜を適量、サバ缶適量


wed_20180905_img1

今回の主役「スライサー」。V字のものがオススメです。


手順2

スライサーの大きさに合わせてキャベツを1/4に切り、スライサーで千切りにする。


手順3

ニンジンは皮を剥かずに、よく洗ってからスライサーにかける。


手順4

野菜の入ったボウルに水を入れて、よく混ぜる。


手順5

水を流したら、サラダスピナーをぐるぐる回してよく水切りをする(サラダスピナーがなければ、手で水気を絞り、キッチンペーパーなどで野菜を軽く拭く)。


手順6

野菜をよく混ぜて器に盛り、缶詰のサバ(ツナ缶やスモークサーモンなどでも)をトッピング。


手順7

フレンチドレッシングなど好みの味付けをする。


完成!

完成!
wed_20180905_img10

スライサーを活用して
缶詰サラダを習慣に!

この連載でも何度もお世話になってきた、カット野菜。仕事で忙しい時期はさておき、そろそろサラダぐらいは自分で作りたい、と挑戦。当初は面倒くさそうという印象でしたが、やってみるとクセになる簡単さ。さくっとスライスして、缶詰を盛りつけ、ドレッシングをかけて。慣れてくれば3〜4分でタンパク質サラダにありつけます! かなり満腹感もあるので、減量したいときにも活用ください!


wed_20180905

監修/河村玲子 取材・文/石飛カノ