Sep19Wed

抗酸化&血圧コントロール作用あり! 焼き鮭ちらし寿司

2018.08.22
食べながらタイトル

今週は、食事でカラダを作る「食べながらトレ」。紹介するレシピは、超手軽なのにタンパク質リッチ。
一人暮らしで、普段まったく料理をしない編集部員が調理にチャレンジします。
どれも、コンビニやスーパーで確実に手に入る食材を使っているので、ハードル低いですよ!


今日のメニュー

焼き鮭ちらし寿司

寿司は食べたし財布は軽し。というわけで、長らくお寿司と遠ざかっていたキミに朗報。刺身とは言わない、焼き魚とごはんと寿司酢があれば、すぐに寿司丼にありつける。抗酸化作用が期待できる鮭、油を使わない卵焼き、血圧コントロール作用があるゴマを使って、今宵はちらし寿司といきませう。


材料

今回の主な食材:ごはん1パック(200g)、焼き鮭1/2〜2/3切れ、寿司酢大さじ1強、卵1個、白ごま適量


wed_20180822_img2

ごはんを丼に盛り、寿司酢をかけ、白ごまを加える。


wed_20180822_img3

箸でごはんを切るようにして、よく混ぜる。


wed_20180822_img4

焼き鮭の骨を取り除き、箸で身をほぐす。


wed_20180822_img5

ほぐした鮭を酢飯に混ぜ込む。


wed_20180822_img6

卵を割りほぐし、ラップを敷いた大きめの皿に移す。


wed_20180822_img7

ラップに敷いた卵を、電子レンジ600Wで1分半ほど加熱したら、細めに切って錦糸卵を作る。


wed_20180822_img8

先ほどの酢飯に、錦糸卵を載せ、お好みできざみ海苔をかける。


完成!

完成!
wed_20180822_suji
今日の感想

暑い日でも食が進む、
酢の酸味が嬉しい!

先日、居酒屋で酢の物を頼んだら品切れ、ということがありました。災害級の猛暑が訪れた今年の夏。やはり暑い日は酸っぱい物が食べたくなりますね。一人暮らしで寿司酢なんて買ったことありませんでしたが、一度使ってしまえば、お手軽で調理へのハードルがぐっと下がりました。毎日お寿司は食べられませんが、これなら食欲減にも負けず、しっかり食事が摂れそうです!


wed_20180822

監修/河村玲子 取材・文/石飛カノ