Aug15Wed

猛暑を乗り切るタンパク質たっぷり麺 ツナとキムチの坦々風サラダうどん

2018.07.25
食べながらタイトル

今週は、食事でカラダを作る「食べながらトレ」。紹介するレシピは、超手軽なのにタンパク質リッチ。
一人暮らしで、普段まったく料理をしない編集部員が調理にチャレンジします。
どれも、コンビニやスーパーで確実に手に入る食材を使っているので、ハードル低いですよ!


今日のメニュー

ツナとキムチの坦々風サラダうどん

今回は猛暑を乗り切るピリ辛テイストの麺類。炭水化物は麺類の中でもカロリーが低いうどん。一人前の同量ならば蕎麦よりも低カロリー。タンパク質は豆乳、ツナ、卵、異なる種類の食材をバランスよく組み合わせて。で、トッピングは腸活に有効な乳酸菌を含むキムチで決まり。


材料

今回の主な食材:冷凍うどん1玉、ツナ缶1缶(70g)、温泉卵1個、A[豆乳1/2パック(100ml)、めんつゆ2倍濃縮小さじ2、ごまだれ小さじ2]、ミックス野菜サラダ適量、キムチ適量。


wed_2018725_img2

冷凍うどんは表示通りに電子レンジで解凍し、ざるにあげて流水、氷水で冷やす。


wed_2018725_img3

解凍している間にAの材料を合わせてつゆを作る。


wed_2018725_img4

丼にうどん、ミックス野菜サラダ、煮汁を切ったツナ、キムチ、温泉卵の順番に盛り付ける。


wed_2018725_img5

具材を盛りつけたら、上からAのつゆをかける。


wed_2018725_img6

最後にお好みで白ごま、青ネギを散らしてラー油を垂らす。


完成!

完成!
カロリー509kcalタンパク質30g
wed_2018725_img8

作ってみると、
意外に手軽な絶品つゆ。

豆乳とツナと卵から、たっぷりタンパク質が摂れる夏の麺です! 超絶品だったのが豆乳を使ったつゆ。いちいち計量スプーンで計るのが面倒という人も、味の様子をみつつ、めんつゆとごまだれを合わせれば簡単に作れますよ! 5食入りの冷凍うどんを買い込み、今年の夏のレギュラーメニューになりそうです。


wed_20180725

監修/河村玲子 取材・文/石飛カノ