May24Thu

卵でタンパク質を底上げ! 電子レンジでマーボー丼

2018.05.02
食べながらタイトル

今週は、食事でカラダを作る「食べながらトレ」。紹介するレシピは、超手軽なのにタンパク質リッチ。
一人暮らしで、普段まったく料理をしない編集部員が調理にチャレンジします。
どれも、コンビニやスーパーで確実に手に入る食材を使っているので、ハードル低いですよ!


今日のメニュー

電子レンジでマーボー丼

一見ヘルシーな豆腐は、意外と脂質が多く含まれている上に、タンパク質が少ない。なので豆腐を使う料理の場合は、異なるタンパク質食材と組み合わせるのがベター。調理器具はフライパンではなく、電子レンジ。なぜなら余分な調理油をカットできるから。余ったマーボ豆腐の素は、冷凍してストック。次回に活用しよう。


wed_20180404_img0-1

今回の主な食材:木綿豆腐150g、マーボー豆腐の素(肉入りでとろみ粉が別でないもの)1/2袋、ミニトマト4個、卵1個、ごはん1パック(200g)


wed_20180404_img1

大きめのおわんに卵を割入れ、適当にほぐし、スプーンですくった豆腐を入れる。


wed_20180404_img2

ミニトマトを中央に並べる。


wed_20180404_img3

マーボー豆腐の素を上からかける。


wed_20180404_img4

ラップをして電子レンジで500W2分半〜3分間加熱する。卵が爆発しないよう、様子をみながら加熱のこと!


wed_20180404_img5

スプーンで全体を軽く混ぜ合わせる。


wed_20180404_img6

器に入れたごはんの上に美味しそうに盛り付け、あれば青ネギを散らして美しく仕上げる。


完成!

wed_20180404_img7
wed_20180404_suji

wed_20180404_img8

トマトの酸味で食欲UP。
初夏に食べたい逸品!

卵を入れることで、辛さが多少まろやかに。なので刺激が欲しい人は、辛口の「マーボー豆腐の素」を選んでください。熱々のマーボーを頬張ると、後からトマトの酸味が追いかけて来て、後を引く美味しさ! 初夏に、汗をかきながら食べたい逸品です。もちろん、トレーニングの後で!


wed_20180404_pb-1

監修/河村玲子 取材・文/石飛カノ