Dec10Mon

安定性バツグンの腰椎を手に入れろ!

2018.03.14
寝ながらトレタイトル

今週は、ベッドの上でできる「寝ながらトレ」。省スペース、時短で、誰でも簡単に実践できちゃいます。
初級、中級、上級と3つのレベルをご紹介するので、好みのレベルをチョイス。もちろん、初級から上級までやってもOK。


wed_bed_thema

安定性バツグンの
腰椎を手に入れろ!

人によっては、大いなる悩みの根源となる腰椎。この部位は本来、大木のように不動の状態を保つことが望ましい。姿勢の維持や腰痛回避には、腰椎の安定が欠かせないからだ。腹圧が低いと腰椎が支えられないので、反り腰になったり腰椎が必要以上に動いてしまう。で、悩ましい腰痛に陥るという理屈。腹圧を常に高めた状態で、寝ながらトレに励めば、腰椎安定、ついでにお腹まわりもスッキリ!

【 初級 】

wed_20180314_img1

ベッドに仰向けになる。両手をお腹に当てググッと力を入れて、腹圧を上げる(お腹を凹ませる)。そのまま片脚の膝を立て、足を下から上にベッドにスライドさせる。腰は不動の状態を貫こう。元の姿勢に戻り、今度は逆脚で。左右交互に15回。


【 中級 】

wed_20180314_img2

続いて股関節の開閉運動。ベッドに仰向けになり、片膝を立てたら、息を吐きながら膝を外側に倒す。腹圧をしっかり上げて、腰がベッドから浮かないよう固定すること。元に戻って逆脚でも行う。15回。


【 上級 】

wed_20180314_img3

最後は脚を浮かせた状態で、股関節の開閉運動。仰向けになり腹圧をしっかり上げ、片脚を引き上げて膝を直角に曲げる。


wed_20180314_img4

いけるところまで股関節を開き、股関節を閉じて脚を下ろす。今度は逆脚で同様に。左右交互に15回。


wed_20180314_img5

腹圧を高めるのがキツイ!
だからこそ充実の達成感。

初級編から簡単そうな動きですが、お腹にグッと力を入れた状態をキープするのが、見た目よりもキツイんです。だけど、その分しっかり左右15回ずつやると達成感も! 寝覚めに行なうとバッチリ眠気がなくなります。上級編の股関節開閉は、できるだけ脚を開くようにチャレンジしてみてください。ちなみにボクは股関節が硬く、なかなか開きませんでした……。新たな弱点の発見です……。


wed_20180314_pb1

監修/齊藤邦秀 取材・文/石飛カノ 撮影/大嶋千尋