Sep23Sun

低カロリー、低脂質。だけど高タンパク! ジムトレ後に最適な「鶏飯風」

2018.03.07
食べながらタイトル

今週は、食事でカラダを作る「食べながらトレ」。紹介するレシピは、超手軽なのにタンパク質リッチ。
一人暮らしで、普段まったく料理をしない編集部員が調理にチャレンジします。
どれも、コンビニやスーパーで確実に手に入る食材を使っているので、ハードル低いですよ!


今日のメニュー

奄美名物! 鶏飯風

鶏飯は鹿児島県・奄美諸島の郷土料理で、読み方は「とりめし」ではなく「けいはん」。色とりどりの具をトッピングし、だし茶漬け感覚でいただく、魅惑的メニューです。鶏肉のささみ、電子レンジで作った薄焼き卵は、ともに超低脂肪で超低カロリー。夜のアフタージム・メシとしておすすめ!


wed_20180307_img1

今回の主な食材:ささみ缶詰1缶(70g)、卵1個、ごはん1パック(200g)、塩ひとつまみ、お湯適量、佃煮(昆布、椎茸など)適量、漬物適量、青ネギ(あれば)。


wed_20180307_img2

ボウルに卵と塩ひとつまみを入れて、箸で溶きほぐす。


wed_20180307_img3

大きめの皿にラップを敷き、卵を乗せる。


wed_20180307_img4

電子レンジ(600w)で1分半ほど加熱し、全体に火を通す。


wed_20180307_img5

冷めたら細かく切る。


wed_20180307_img6

丼に盛ったごはんの上に卵、ささみを乗せる。


wed_20180307_img7

佃煮、漬物をトッピング。


wed_20180307_img8

ささみ缶の汁をお湯で割る。汁を丼にかけて、いただきま〜す!


完成!

wed_20180307_img9
wed_20180307_suji

wed_20180307_img10

卵の調理法は目から鱗。
洗い物も手軽で嬉しい!

電子レンジを使った、卵の調理法には驚きました! フライパン調理では不可欠な油が必要がないので、低脂質。しかも油汚れがないので、食器洗いもラクチンです。スープとささみ、卵だけだと、ちょっぴり薄味。なので佃煮はマストで加えてください。サラサラで食べやすいので、食欲がない時のメニューとしても活用できそうです。


wed_20180307_pb-1

監修/河村玲子 取材・文/石飛カノ