Jun20Wed

足首の可動域をとことん広げる。

2018.02.28
寝ながらトレタイトル

今週は、ベッドの上でできる「寝ながらトレ」。省スペース、時短で、誰でも簡単に実践できちゃいます。
初級、中級、上級と3つのレベルをご紹介するので、好みのレベルをチョイス。もちろん、初級から上級までやってもOK。


wed_bed_thema

足首の可動域を
とことん広げる。

二足で大地に立つ「人間」は、常に足首が90度曲がっている。なので意識的にほぐさないと、可動域は制限されがち。しかも、ガッチガチの革靴に毎日足を突っ込んでいたら、さらに足首のフレキシビリティは失われる。で、信号点滅時に突然走り出したりすると、捻挫などを引き起こす羽目に。本日2本の足で歩き出す前に、可動域を広げよう。

【 初級 】

wed_20180228_img1-1

ベッドの上に長座し、両手をカラダの後ろでつく。そのまま足首を伸ばして、爪先を前方に。甲でカーブを描くくらい、思いっきり伸ばすこと。次に爪先を手前へ、しっかりと引き寄せる。15回繰り返し。


【 中級 】

wed_20180228_img2

ベッドに長座し、今度は足首の内返しと外返し。まず爪先を内側に倒して、足の内側をできるだけベッドに近づける。次に爪先を外側に倒して、足の外側をできるだけベッドに近づける。15回繰り返し。


【 上級 】

wed_20180228_img3-1

最後は爪先を360度回転させて、足首を全方位的に回す。1回転したら逆回転もして、1セット。これを15回繰り返す。ふくらはぎの筋肉が刺激され、下半身の血流も促される。足ぽっかぽかの状態で、さあ立ち上がろう。


wed_20180228_img4

最高に気持ちいいから
毎朝でもやりたい!

今回はいつもより地味な、足首の動き。でもこれ、実は歴代の寝ながらトレの中でも、ダントツに気持ち良かったんです! 固まった足首がほぐれ、血が巡る感覚……。本当に、最高……。初・中・上級と連続して行なえば、終わったあとはマッサージ後みたいに、足が軽くなります。中級は股関節(脚の付け根)ではなく、足首から動かすのがポイントですよ!


wed_20180228_pb-1

監修/齊藤邦秀 取材・文/石飛カノ 撮影/大嶋千尋