Feb20Tue

アスタキサンチンで抗酸化力UP!鮭のちゃんちゃん焼き風

2018.02.07
食べながらタイトル

今週は、食事でカラダを作る「食べながらトレ」。紹介するレシピは、超手軽なのにタンパク質リッチ。
一人暮らしで、普段まったく料理をしない編集部員が調理にチャレンジします。
どれも、コンビニやスーパーで確実に手に入る食材を使っているので、ハードル低いですよ!


今日のメニュー

鮭のちゃんちゃん焼き風

鮭に含まれている赤い色素成分、アスタキサンチンは強力な抗酸化作用で知られるが、それだけではなく自律神経の調節作用も期待できるんだとか。仕事の繁忙期、乱れがちな生活リズムを整え、トレーニング効果を底上げするにはもってこい。なんなら野菜の量を増やし、日頃の野菜不足を補うこともできる。


wed_20180207_img0

今回の主な食材:鮭水煮缶1缶、カット野菜(野菜炒め用)1/2袋、味噌小さじ2、砂糖小さじ1/2、水大さじ1、バター小さじ1、青ねぎ適量。


wed_20180207_img1

耐熱ボウルに野菜を敷く。


wed_20180207_img2

鮭缶の煮汁を軽く切り、身を野菜の上に乗せる。


wed_20180207_img3

味噌、砂糖、水を混ぜ合わせ、鮭の上から掛ける。


wed_20180207_img4

バターの半量を、てっぺんに乗せる。


wed_20180207_img5

ラップをして野菜に火が通るまで(600W3分程度)レンチン。


wed_20180207_img6

最後に青ねぎと、残りのバターをトッピング。


完成!

wed_20180207_img7-2
wed_20180207_suji

wed_20180207_img8

ご飯のおかずでも
お酒の肴でも大活躍!

忙しい週はさておき、なるべく週に2回、10kmずつは走るようにしています。そんな(自称)ランナーとしては、「抗酸化作用」は嬉しいキーワード。甘味噌の味わいはご飯にも、お酒にもマッチ! 運動した日はゴハンとセットで。ちょっとお腹が気になる時期は、ハイボールと一緒に、いただきま〜す!


wed_20180207_pb_1

監修/河村玲子 取材・文/石飛カノ