Nov13Tue

缶詰をプラスしてタンパク量UP!レトルトで作る簡単サバ・カレードリア

2018.01.24
食べながらタイトル

今週は、食事でカラダを作る「食べながらトレ」。紹介するレシピは、超手軽なのにタンパク質リッチ。
一人暮らしで、普段まったく料理をしない編集部員が調理にチャレンジします。
どれも、コンビニやスーパーで確実に手に入る食材を使っているので、ハードル低いですよ!


今日のメニュー

サバ・カレードリア

ほとんど具が入ってないんじゃね? というレトルトカレーを、サバ缶を使ってゴージャスにリメイク。魚の骨ごと食べられるサバ缶は、トレーニングによる負荷でダメージを受けた骨の修復にも、一役買ってくれる。レンチンだけでも美味だが、さらにオーブントースターでチーズに焼き目をつけてもウマし!


wed_20180124_img0

今回の主な食材:サバ水煮缶1/2缶、レトルトカレー1/2〜1袋、スライスチーズ1枚、ご飯1パック(200g)。


wed_20180124_img1

耐熱のボウルにサバ缶の身(1かけ残しておく)を入れ、適度にほぐす。


wed_20180124_img2

ボウルに、ご飯とレトルトカレーを加える。


wed_20180124_img3

よく混ぜ込んでから、スプーンで平らにする。


wed_20180124_img4

スライスチーズを上に乗せる。


wed_20180124_img5

残しておいたサバ1かけをトッピング。


wed_20180124_img6

ラップをして、チーズが溶けるまで電子レンジで温める。


完成!

wed_20180124_img7
wed_20180124_suji

wed_20180124_img8

どちらも自宅に
常備できるのが嬉しい!

味の感想は言わずもがな、サバ缶×カレーのコラボが不味いわけがありません! 缶詰もレトルトカレーも長期保存ができるし、どこのコンビニでも手に入って、嬉しい限り。ちなみに撮影では、見栄えを良くするために乾燥バジルを振りましたが、なくてもOK。ただ、さまざまな局面で活用できるので、乾燥バジルはオススメです。インスタ映えを狙うなら、なおのこと!


wed_20180124_pb

監修/河村玲子 取材・文/石飛カノ