Nov23Thu

目が覚めると同時に、股関節の屈曲運動で覚醒。

2017.11.15
寝ながらトレタイトル

今週はベッドの上で出来る「寝ながらトレ」。省スペース、時短で誰でも簡単に実践できちゃいます。
初級、中級、上級と3つのレベルをご紹介するので、出来そうなレベルをチョイス。もちろん初級から上級までやってもOK。


wed_bed_thema

目が覚めると同時に、
股関節の屈曲運動で覚醒。

階段なんか滅多に上らない。走るの嫌い。タクシー大好き。気づけば歩幅が狭くなってるというあなた。おじいちゃんおばあちゃん並みに、股関節の可動域に制限がかかっている可能性が高い。なので、明日の朝の寝ながらトレではその制限を解き放ち、脚を引き上げる筋肉、腸腰筋に喝。股関節の可動域を、がばっと広げましょう。

【 初級 】

wed_20171115_img1

仰向け姿勢で、左右の膝を交互に引き上げる。テキトーにダラダラやらない。膝の角度、および太腿とベッドが90度になるまでしっかりと。20回連続で。


【 中級 】

wed_20171115_img2

お次はもうちょい気張って、左右の脚を交互に、膝をできるだけまっすぐ伸ばしたまま引き上げる。太腿とベッドの角度がやはり90度になるまで。ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)の柔軟性が試される。20回。


【 上級 】

wed_20171115_img3

最後は上半身を起こしての脚上げ。両手をベッドの上に着き、左右交互に脚を上げる。太腿とベッドの角度は45度程度。コア(体幹)のバランスをとるため腹筋が稼働する。20回。



wed_20171115_img4

ハムの柔軟性の、
簡易チェックにもなる。

今回は、初級から比較的大きな動きなので、覚醒効果が大。今夜のうちから「やる!」と決めておけば、明日の目覚めはバッチリです。意外な鬼門が中級。ハムストリングスが硬いと脚がスムーズに上がらないので、簡易チェックになります。自分は激硬だったので、翌日からお風呂上がりにストレッチをするようになりました……。

wed_20171115_pb

監修/齊藤邦秀 取材・文/石飛カノ 撮影/大嶋千尋