Sep19Wed

紺ブレを制するものがスタイルを制します。

2018.09.02

“紺ブレ”でお馴染みのネイビーブレザーが欲しい。でも、クラシックなアイテムだから着こなしのルールが多そうだ。いいじゃないか自由に着れば。カジュアルでもビジネスでも、ネイビーブレザーの懐は案外深い。少しぐらい冒険するのが楽しいんだ。


article_20180902_748_t-style_img1

代々受け継がれる老舗のネイビーブレザー。

アメリカ歴代大統領も愛用している〈J. プレス〉。なかでも今回着崩した金ボタンのブレザーは万能と名高い。ボックス型やフックベントなど伝統的な意匠は現在も継続されている。

段返り3つボタンのブレザー(J.プレス)51,000円、(問)オンワード樫山(TEL)03・5476・5811、オープンカラーシャツ(ギットマン ヴィンテージ)23,000円、(問)ユナイテッドアローズ 有楽町店(TEL)03・5220・4516、ショートパンツ(ポロ ラルフ ローレン)12,000円、(問)ラルフ ローレン(TEL)0120・327420、サングラス(アイヴァン)38,000円、(問)アイヴァン PR(TEL)03・6450・5300、ストール(アナトミカ バイ ドレイクス)32,000円、(問)アナトミカ 東京(TEL)03・5823・6186、ポケットチーフ(ポール・スチュアート)5,000円、(問)SANYO SHOKAI(TEL)0120・340460。その他はスタイリスト私物。


article_20180902_748_t-style_img2

ベーシックこそが最大の持ち味。

トラッドでは欠かせない〈ポロ ラルフ ローレン〉のブレザーは、上質なウール素材を使用。シーンを選ばないオーソドックスなデザインが持ち味だが、ジャージと合わせる大胆スタイルも新鮮。

2つボタンのブレザー(ポロ ラルフ ローレン)75,000円、(問)ラルフ ローレン、タートルネックカットソー(メルツ ベー シュヴァーネン)14,000円、(問)アウターリミッツ(TEL)03・5413・6957、腰に巻いたジャージブルゾン15,000円、ジャージパンツ12,000円、共にフレッドペリー、(問)フレッドペリーショップ東京(TEL)03・5778・4930、眼鏡(アイヴァン)29,000円、(問)アイヴァン PR、コットンリブソックス(マーガレット・ハウエル)3,000円、(問)アングローバル、ビットローファー(イル モカシーノ)30,000円、(問)シップス 銀座店。その他はスタイリスト私物。


article_20180902_748_t-style_img3

創業以来の定番、ニューヨーカーの2型モデル。

2型モデルと名付けられた定番ブレザーは、素材によって着こなしの幅が広がる。右は、黒メタルボタン仕様のハイツイストメッシュ素材で、左は、ストレッチを利かせたウールサキソニー素材。

右/2つボタンのブレザー(ニューヨーカー)49,000円、(問)ダイドーフォワード(TEL)0120・170599、ポロシャツ(フレッドペリー×レショップ)14,000円、(問)レショップ(TEL)03・5413・4714、チノパンツ(マーガレット・ハウエル)39,000円、(問)アングローバル(TEL)03・5467・7864、バケットハット(ラコステ)14,000円(参考価格)、(問)ラコステ(TEL)0120・370202、ポケットチーフ(ニッキー)6,500円、(問)ユナイテッドアローズ 原宿本店(TEL)03・3479・8180、ベルト(ポール・スチュアート)16,000円、(問)SANYO SHOKAI、サイドゴアシューズ(ジョセフ チーニー)70,000円、(問)ブリティッシュメイド 銀座店(TEL)03・6263・9955。
左/2つボタンのブレザー(ニューヨーカー)56,000円、(問)ダイドーフォワード、ラガーシャツ(ポロ ラルフ ローレン)16,000円、(問)ラルフ ローレン、デニムパンツ(ベルナール ザンス)37,000円、(問)シップス 銀座店(TEL)03・3564・5547、バケットハット(カンゴール)7,300円、(問)カンゴール ヘッドウェア(TEL)03・6805・1272、ポケットチーフ(ドレイクス)8,300円、(問)Drake’s 銀座店(TEL)03・6263・9955、タッセルローファー(クロケット&ジョーンズ)79,000円、(問)ビームス ハウス 丸の内(TEL)03・5220・8686。


article_20180902_748_t-style_img4

ダブルのブレザーにベストでアクセント。

ヴィンテージのダブルジャケットをベースにした作り。摩耗に強いコーデュラウール混紡糸を使用しているので、カジュアルでもハマる。

4つボタンのダブルブレステッドブレザー(ビームス プラス)36,000円、(問)ビームス プラス 原宿(TEL)03・3746・5851、ゲームベスト21,000円、ショートパンツ14,000円、共にフィルソン、(問)アウターリミッツ、シャツ(カモシタ ユナイテッドアローズ)23,000円、(問)ユナイテッドアローズ 原宿本店、ストール(アナトミカ バイ ドレイクス)45,000円、(問)アナトミカ 東京、ポケットチーフ(ポール・スチュアート)6.500円、(問)SANYO SHOKAI、バックパック(アルパイン ラッダイト)52,000円、(問)レショップ、ソックス(マーガレット・ハウエル)3,000円、(問)アングローバル、ブーツ(アルペンチュール×パラブーツ)74,000円、(問)シップス 銀座店。


article_20180902_748_t-style_img5

王道ブランドのスタイルは、外しなしの直球勝負で。

ブランドを代表するアメリカ製のブレザーは、平織りのウールを使用した総裏仕上げ。スリムさを強調したリージェントモデルはまさにモダンクラシック。

6つボタンのダブルブレステッドブレザー84,000円、ボタンダウンシャツ19,000円、ポケットチーフ6,000円、以上ブルックス ブラザーズ、(問)ブルックス ブラザーズ ジャパン(TEL)0120・185718、パンツ(ピーティーゼロウーノ)35,000円、(問)ビームス ハウス 丸の内、眼鏡(モスコット)27,000円、(問)モスコット トウキョウ(TEL)03・6434・1070、シャドウストライプのネクタイ(フランコ ミヌッチ)21,000円、(問)バーニーズ ニューヨーク(TEL)0120・137007、ロングホーズ(ハックニー・ユニオン・ワークハウス)5,400円、(問)アウターリミッツ、パンチドキャップトウのレザーシューズ(ジョセフ チーニー)69,000円、(問)ブリティッシュメイド 銀座店。


article_20180902_748_t-style_img6

随所にあしらわれたアイビースタイル。

アメリカン高級シャツテーラーであるブランドが手がけた本格ブレザー。オーセンティックなセンターフックベントやフラップ付きポケットなどアイビー好みの粋な一着だ。

段返り3つボタンのブレザー(インディビジュアライズド クロージング)92,000円〜(オーダー価格)、ボタンダウンシャツ(インディビジュアライズド シャツ)24,000円、共に(問)ユーソニアン グッズ ストア(TEL)03・5410・1776、グレンチェックのパンツ(ピーティーゼロウーノ)48,000円、(問)伊勢丹新宿店(TEL)03・3352・1111(大代表)、ペイズリー柄のプリントシルクタイ(ルイ ファグラン)19,000円、(問)ザ ソブリンハウス(TEL)03・6212・2150、サスペンダー(アルバート サーストン)10,000円、(問)シップス 銀座店、ロングホーズ(ハックニー・ユニオン・ワークハウス)5,400円、(問)アウターリミッツ、タッセルローファー(ブルックス ブラザーズ)94,000円、(問)ブルックス ブラザーズ ジャパン。その他はスタイリスト私物。

article_20180902_748_t-style_img7

〈ポール・スチュアート〉のネイビーの美しさは格別だ。

6色の上質な綿を配合した奥深いネイビーは、パーティーシーンでも映える美しい光沢と色気が魅力。「マン・オン・ザ・フェンス」と呼ばれるアイコンがボタンにあしらわれている。

2つボタンのブレザー(ポール・スチュアート)73,000円、(問)SANYO SHOKAI、ワイドスプレッドカラーのダブルカフスシャツ(ブルックス ブラザーズ)13,000円、(問)ブルックス ブラザーズ ジャパン、パンツ(ロータ)58,000円、(問)ユナイテッドアローズ 原宿本店、ボウタイ12,500円、ポケットチーフ12,000円、共にターンブル&アッサー、(問)ヴァルカナイズ・ロンドン(TEL)03・5464・5255、ローファー(ラルフ ローレン)参考商品、(問)ラルフ ローレン。


Tarzan No. 748 スポーツジムに行こう! 掲載 〉
Photos: Taro Hirayama Styling: Satoshi Kamei Hair: Taro Yoshida Edit: Shigeo Kanno