Nov18Sun

自宅で簡単に体幹トレ! 《コアトレチェア》の効き目を体感。〈PR〉

2017.09.06

一人では難しい体幹トレーニングも、パナソニックの《コアトレチェア》に任せれば、効率よくインナーが鍛えられる!

昨秋の現役引退後、運動量の減った松田丈志さんは、カラダがなまらないようジム通いを続けている。
「つい見た目の大きな筋肉を派手なメニューでやりがちだから、アウターばかりになってしまうんです」と最近の自身のフィットネスを語る。

「派手な筋トレで外側の筋肉を鍛えることも大事ですが、日常の動作もすべて内側のインナーマッスルから始動するので、カラダの内側を地道に鍛えるトレーニングも続けてください」と話すのは、体幹トレーニングの第一人者、木場克己さんだ。

木場克己さんと松田丈志さん
プロトレーナー 木場克己さん(左)
●こば・かつみ KOBA式体幹バランストレーニング協会代表。長友佑都選手(インテル)など多数を指導。http://kobakatsumi.jp/

競泳選手・五輪メダリスト 松田丈志さん(右)
●まつだ・たけし 200mバタフライでは2008年北京五輪、12年ロンドン五輪の各大会で銅メダルなど栄冠多数。http://matsudatakeshi.com/


意志力には頼らずに、体幹トレを継続できる。

実はインナーマッスルを一人で鍛えるのは非常に難しい。バランスをとること自体が難しいメニューもあるし、フォームが正しいかどうか、経験を重ねないと自己判断できない。

そこで、パナソニックはかつてないトレーニング家電《コアトレチェア》を開発。ただ座っているだけで、変形し、動くチェアに対応し、頭の位置を動かさずに正しい姿勢をキープすれば、座っている人のインナーマッスルは自動的に強化される。
「ターゲット部位に合わせて、シートが変形したり、傾斜したり、V字にも動くんです。その動きを利用して、私が監修した6つの自動コースを、ぜひ体験してみてください」

全身コアトレ 弱/強コース
全身コアトレ 弱/強コース
上半身は腹横筋、腹斜筋を、下半身は内転筋や骨盤底筋群などのインナーをバランスよく鍛えられる。

チェアの右肘に設置された操作パネルのボタンでメニューを選択すると、女性の声で座り方や姿勢を指示される。必要があれば骨盤まわりの2つのエアーバッグが膨らみ腰や骨盤まわりをサポート。動き始めると、
「お! 結構、効きますよ。チェアだからカラダと触れる面積が広いぶん、姿勢作りがしやすいですね」
何だか楽しそうなのである。

おなか・ウエスト 弱/強コース
おなか・ウエスト 弱/強コース
上半身の腹直筋や腹横筋、腹斜筋を狙い撃ちにして、お腹を引き締め、すっきりしたウエストラインに整える。

「インナーマッスルを鍛えるトレーニングは“地味トレ”なので、継続できればメンタルも鍛えられます。それにアウターのトレーニングばかりだとダイエットに成功してもリバウンドしがち。インナーの強化は重要なんです」と木場トレーナー。

だが、《コアトレチェア》なら、意志の力を振り絞らなくても、家事の合間や、通りすがりにちょいと座って、ボタンを押すだけ。鍛えるのが難しいインナーをテレビを観ながらでも集中的に刺激できる。

下腹・骨盤底筋 弱/強コース
下腹・骨盤底筋 弱/強コース
盛り上がったシートにまたがり、腿で挟めば内転筋が動員され、下半身が引き締まる。骨盤底筋にも刺激が行く。

インナーをきちんと意識できるようになれば、本来の張力が働き、いわば自前のコルセットとなって、ゆるんだお腹が引き締まってくるのだ。
「最近、家ではインナーを鍛える地味トレをやらなくなりましたけど、やっぱり大切なんですね」と松田さんは反省しきり。

「《コアトレチェア》を使えば、自動的にインナーがしっかりしてきます。ジムでのアウターを鍛えるトレーニングの効率も上がりますよ。フォームが安定するはずですから、筋肉がつくのも早くなるでしょう」と木場トレーナーは太鼓判を押す。

「読者の皆さんに提案できるのは、初めにウエストなどの部位を計測し、記録すること。《コアトレチェア》を使った日は、どのメニューをどれくらいやったか、カレンダーや手帳に数値をメモしておいて、自分の変化が数字で見られるようになると、モチベーションも増して、続けやすくなるはずですよ!」と松田さん。

ジムのマシンとは異なり、リビングにあっても違和感のないデザインと大きさだから、来客の目を気にする必要もない。もちろん重厚感のあるリビングチェアとして使うのもOK。居間をトレーニングのジム代わりにできれば、一石二鳥だ!



FUNCTION OF CORE-TRA CHAIR

コアトレチェア
たるんだカラダをラクに引き締める。
パナソニック《コアトレチェア》(EU-JC70)は、部屋にあっても違和感のないデザイン。部屋で簡単にインナーマッスルを鍛えられるから、すぐ使えて、三日坊主になりにくい。色:-R(レッド)、-T(ブラウン)。自動コース:トレーニング6種類(全身コアトレ「弱」「強」、おなか・ウエスト「弱」「強」、下腹・骨盤底筋「弱」「強」)、ストレッチ1種類。速度調節:自動コース5段階/お好み9段階。オープン価格。

エアーバッグ
メニューを選べば背もたれ、エアーバッグが自動的に体勢を整える。
ストレッチ
ストレッチを選ぶとエアーバッグが連動し、疲れやすい腰や骨盤まわりをじっくり伸ばせる。トレーニング前に行うのもお勧め。
前傾後傾
前傾体勢で行えば多裂筋、脊柱起立筋など背面の筋群の強化に。後傾体勢なら腹直筋、腹斜筋など正面の筋群の強化につながる。

●問い合わせ先/パナソニック panasonic.jp/fitness/coretra/


Tarzan No.725 カラダを変える「痩せ式」 掲載 〉
取材・文/廣松正浩 撮影/水野昭子