Aug17Fri

今日から使える!どんどん愛が深まる!KISSずかん

2017.08.11

キスはコミュニケーションだ。二人の関係を濃密にするため、暴れだす興奮と性欲を抑えて、お互いが満足するテクを磨こう。
DEEP LEVEL星1つ〜4つまで、レベル別にそのHow TOを紹介!


【 DEEP LEVEL ★ 】 ウッドペッカー

「チュッ!」と音を出しながら連続的に。
いわゆるチュウ。すぼめた唇の隙間から素早く小さく息を吸い、わざと「チュッ!」と音を出しながら行うと、触覚のみならず聴覚面でもその場の雰囲気が熱く盛り上がる。まるでキツツキ(ウッドペッカー)が木の幹をくちばしで叩くように、小さな動きで吸い付く⇒離れるを連続して行うとより効果的だ。

ウッドペッカー
HOW TO 二人の距離を密着させすぎず、ある程度の距離感を保って立つ。お互いに唇を吸盤状に突き出し、立ち位置を動かさないようにして、前のめりになるように顔だけを相手へ傾けて、吸盤が吸い付くように唇と唇を合わせる。


【 DEEP LEVEL ★★ 】 縦スジ

とくに敏感な部分を舌先を尖らせて攻める。
舌のなかでとくに敏感な部分である「縦スジ」を攻めるメソッド。舌先を尖らせるほど、縦スジに集中できる。パートナーの顔に対して横向きで顔を傾けて、頭頂部を軸に頭部を回転させるように回すと、舌の動きを自在にコントロールしやすい。気分に応じて攻守を変えて行いながら、愛情を深めたい。

縦スジ
HOW TO パートナーは口を開いて舌をできるだけ大きく前に出して、ピンとまっすぐ伸ばす(口を閉じて舌を出す方法もある)。口から舌を長く差し出し、先端部分を硬く尖らせて、パートナーの舌の表側の中心線をスーッと舐める。


【 DEEP LEVEL ★★★ 】 数の子天井

上顎の天井部分で独特の感触を味わう。
数の子のようにザラザラしている上顎の天井部分は敏感なところ。攻め手はザラザラした独自の触感を楽しみ、受け手はむず痒いような感覚を堪能しよう。攻め手は舌先を相手の天井に突き上げるイメージで行うといい。興奮しすぎて強く攻めすぎると、受け手がむせたりするケースもあるので気をつけて。

数の子天井
HOW TO 対面して顔を近づけつつ相手と逆の方向へ傾け、目を閉じつつ口を開け、開いたままで唇を重ねる。攻め手側のみパートナーの口に舌先を差し入れて、相手の上顎の天井部分を舐める。


【 DEEP LEVEL ★★★★ 】 舌フェラ

フェラチオを想起させるかなりエロチックなキス。
口から伸ばした舌をペニスに見立て、フェラチオのように愛撫するキス。だからといって受け手は男性、攻め手は女性という組み合わせに限らない。逆もOK。攻め手側は、相手の舌を挟み込む唇の力に強弱をつけて調節したり、しごくスピードを適度に変えたりしながら、受け手の舌を硬軟織り交ぜていたわる。

舌フェラ
HOW TO 対面したパートナーが口から長く突き出した舌を口に含み、すぼめた唇でくわえてまるでフェラチオをするようにしごいて刺激する。真正面から口に含むだけではなく、フルートを吹くように、側面からくわえる方法もある。

まだまだこんなに!? 『Tarzan』724号をチェックしてキス上手になろう!


Tarzan No. 724 【新編】性(SEX)學 掲載 〉
取材・文/井上健二 イラストレーション/山本重也 取材協力/由良橋 勢(性風俗研究家)  参考資料/『キス教本』(紙版:データ・ハウス、電子版:笠倉出版社)