Aug15Wed

アップアップガールズ(仮)の肉体派3人が語る、「こんなカラダがハンサムボディの条件」。

2018.07.15

トレーニングでカラダを鍛え、食事制限で体重を絞ったら、最後の仕上げ・ボディケアは不可欠! だけど実際のところ女子の本音ってどうなの? アップアップガールス(仮)に理想のハンサムボディについて、大いに語ってもらいました。

アップアップガールズ(仮)
アップアップガールズ(仮)
2011年に結成したアスリート系アイドルグループ。メンバーは現在5名。左から佐保明梨(さほ・あかり)、森咲樹(もり・さき)、古川小夏(ふるかわ・こなつ)。

古川:ハンサムって私たちの世代ではあまり使わない言葉だけど、イケメンよりも、少し高級感がある感じ。大人の男のイメージよね。

森:女性へのエスコートがさりげなくできるイタリア人の男性ぽい。日本人なら、舘ひろしさんかな。

佐保:舘さん、ハンサム! 体型でいえば、ムキムキすぎず、スラッとしていて、でも細すぎない。

古川:スーツが似合うのもハンサムの条件の一つかな。肌の色はどう? 私はどちらかというと、色黒の方がいいな。

佐保:私は断然白い肌派。きれいに見えるし、清潔感があるから。

森:わかる! それ、私も。

古川:でも色黒なら、ちょっとポッチャリしてても引き締まってるように見えるよ。

佐保:うーん……そこは、引き締まった色白の人で(笑)。

森:坂口健太郎さんが、そのまま歳を重ねたような?

佐保:いいねいいね♥

「日焼け後のケアは私がしてあげたい。カラダに化粧水とかピタピタ塗ってあげる」

article_20180715_745_upupgirls_img2

古川:私は、日焼けで真っ赤になっちゃった肌に化粧水を塗ってあげたい! だから男の人には、あんまり日焼けを気にしてほしくないかな。日常生活で自然に焼けた小麦色がベスト。白いってことは、こまめにケアするんでしょ? それを想像したくない(笑)。生き方はワイルドな人が好きだから。

森:確かに日焼け止めを目の前で塗られるのはちょっと気になるかも……。ただ、体毛のケアに関しては絶対すべき! ワキ、V・I・‌O、すね毛、全部なくていい。脱毛サロン通いも問題なし。

「毛って何のためにあるのかな。見た目にも、全身いらないよね」

article_20180715_745_upupgirls_img3

佐保:私は、色素が薄くて細い毛が一応生えてる程度がいいなあ。

古川:生えすぎてるのはちょっとね。気になるなら剃るのもアリ。でもやっぱり見えないところで剃ってほしいかな。やっぱり生き方はワイルドであってほしい。

佐保:出た、ワイルド!(笑) 腕やワキは多少生えててもいいけど、おへそまわりや胸毛、指毛はない方がいいなぁ。

森:アスリートや外国人は全身剃ってる男性も多いっていうよね。ただ最近はV・I・‌Oをハートや星形にできるところもあるらしくて、それはさすがにイヤかな。実際に見たことはないけど。

古・佐:それはイヤ〜!(悲鳴)

古川:エステが許せるかどうかは、通ってるモチベーションにもよるかも。クリニックでコンプレックスをこっそり治すのは応援したくなる。

森:脱毛やニキビ肌、ワキガなどは、専門のクリニックの方がちゃんとケアできるもんね。

「汗のニオイはNG!香水でカバーされていると嬉しいかな。でも無臭が一番!」

article_20180715_745_upupgirls_img4

古川:理想のハンサム像≒私たちのタイプの男性像で共通してる部分って「ナチュラルな清潔感」のような気がしてきた。ニオイでいうと、私は柔軟剤がふんわり香る人にドキッとする。香水はかけてるのを想像したくないからNG。

佐保:えー私は香水がいい。キツイのは受け付けないけど、生身の人間のニオイがしない方がいい。本当は、ニオイ自体に意識が向かないくらい無臭がいいけど。

森:私はボディミスト派。メンズ系の香りよりは、わりと甘くて爽やかな香りが好き。ニオイって記憶に残るよね。「あ、このニオイはいつの時期に会ったことある人だ」って結構覚えてる。握手会でも。だからフレグランスはあり。むしろつけてほしい。

古川:香りで人を覚えるって本能的! それにしてもみんな好みがバラバラ。奪い合いにならずに済みそう(笑)。


ハンサムボディの最後の仕上げ! 脱毛、UVケア、ニオイケアなどの最新事情はTarzan745号をチェック!


Tarzan No. 745 この夏こそ、脱げるカラダになる! 掲載 〉
取材・文/黒澤祐美 撮影/角戸菜摘 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/Miyata、布野夕貴

トップバナー・左(佐保さん)/ブラトップ4,000円、ショートパンツ4,000円、シューズ《ウィメンズ ナイキ フリー TR フライニット3》12,000円、中(森さん)/ブラトップ4,000円、カプリタイツ4,500円、シューズ《W AIR ZM FEARLESS FK 2 NEO》14,000円、右(古川さん)/アシンメトリータンクトップ4,000円、中に着たブラトップ4,000円、3インチショートパンツ3,000円、シューズ《ウィメンズ フリー TR フライニット3》12,000円、以上NIKE、(問)NIKE カスタマーサービス(TEL)0120・645377。