Sep19Wed

なかやまきんに君さんの自慢は、上半身外側の“アウトライン筋”。

2018.04.13

17歳のときからボディビルが好き。今が一番楽しいです。

17歳で筋トレを始め、はや23年。

「最初に入ったのがボディビルのジムで、そこに大会のポスターがいっぱい貼ってあったんです。こんなふうにはなりたくないな〜と思ったんですが、2か月後には鏡の前でポージングしてました(笑)」

テレビの『筋肉番付』や『SASUKE』での活躍を経て、2015年から本格的にボディビルの世界へと原点回帰。今が一番楽しい、と言う。

なかやまきんに君1

トレーニングは部位ごとに日替わりで鍛えるスプリットルーティンで週5回。異なる刺激を入れるために毎回種目を変える。

「ボディビルの大会では僧帽筋、三角筋、広背筋を含む上半身の外側のアウトラインが評価されます。自分の中ではそこが長所。でもいいところだけじゃなく弱点、僕の場合はふくらはぎや太腿の裏、そういうところも鍛える必要があるんです。アピールしたいのはアウトライン、トレーニングで重視したいのは弱点」

食事は1日5〜6回。いつも持ち歩いているのが茹でた鶏の胸肉とオクラをはじめとする野菜のセット、それに茹で卵5個。

「オクラのネバネバが鶏の胸肉を飲み込むのを助けてくれるんです。よく噛んで食べるので口の中もすっきりするしお腹の調子もいい。さらに食べた後は、“今日も負けなかったぞ、頑張ったぞ”という達成感があるんです。これは本当におすすめ。逆にみなさん普段何食べてるんですか? これ食べなくて社会人やってけるんですか? という感じ」

さて、本日は僧帽筋と上腕二頭筋、カーフを鍛える日。

「基本が一番。肘を動かさない、胸を張る、とにかく楽をせずにできるだけフルレンジで行って収縮したところで一度止める。1レップ1レップが研究です。まだ僕はスタートラインに立ったばかりですから」

おいっ! 求道者なのかいっ?


なかやまきんに君2
〈 BODY DATA 〉
腕周囲 41.5cm
胸囲 107cm
体重 81kg
体脂肪率 12%
5月に行われるボディビル大会に向け、ただいま減量中。「今年は優勝を狙います!」。

お笑い芸人/ボディビルダー
なかやまきんに君
●なかやまきんにくん TBS系『筋肉番付』の芸能人バトルで4連覇達成後、ロサンゼルスへ筋肉留学。サンタモニカカレッジの運動生理学部卒業。2015年、16年の東京オープンボディビル選手権大会75kg級で準優勝。


憧れのあの人のいいカラダのひみつは、Tarzan739号で!


Tarzan No. 739 筋肥大のひみつ 掲載 〉
取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 撮影協力/ゴールドジムサウス東京アネックス