Feb20Tue

オリエンタルラジオ・藤森慎吾さん「初めてのフルマラソンでサブ4。以来、人生が変わった!」

2018.02.09

バラエティ番組の企画でフルマラソンに初挑戦したのが2016年の東京マラソン。タイムは3時間53分51秒。なんと初マラソンにしてサブ4という快挙!

「途中で脚が攣ったりして、マラソンてキツいなシンドいなと。結果も3時間五十何分とかよく分かんないタイムで番組的に盛り上がりに欠けるだろうなと思ってたら、まわりから“それ、すごいことなんだよ”と言われて。えっ、そうなんですか?とびっくり。褒められてじゃあもっと走ろうという気になり、ハマっちゃいましたね」

東京マラソンゴール後
東京マラソンゴール後、無事完走の報告をインスタグラムにアップ。1万件以上のいいね!が寄せられた。

太る心配なく何でも食べられる。毎日の食事が楽しみに。

以来、ランニングが大事な日課に。走る時間がある日の距離の目安は15〜20km。深夜11時、12時に仕事が終わるという日も、5km程度は走りに行くという。

「人生メチャクチャ変わりました。一番嬉しいのは好きなものをいくらでも食べられること。30歳越えてからちょっとお腹が出てきたりして、今日は油っこいものはやめとこうとか1日2食にしようとか考えてたんですけど。今は摂取カロリーが足りなくて常にお腹が空いてる状態。本当にメシがうまくて、今日はどこでごはんを食べよう、どの店を予約しようということがすごく楽しみになりました」

寝起きがメチャクチャ爽やかになりました!

食事だけでなく、生活全般のリズムも一変。夜中まで飲食した挙げ句、朝は出かけるギリギリまで寝ていた不規則極まりない生活が180度変わった。

「以前は朝起きるのが本当に辛かったです。10時に家を出るなら9時50分に起きるみたいな。今は7時に起きて1時間走ってシャワーを浴びてから出かけます。疲れるかなと思うじゃないですか。でもカラダがシャキッと目覚めて、収録現場でも頭が回転した状態でスタートできるんです。夜に走るときは走り終わった後にサウナに行ってから眠ると入眠がメチャメチャスムーズ。朝もパッと目が覚めます」

藤森慎吾さん

“今日も走らなきゃ”ではなく、“今日も走りたい”というマインド作りに成功したのは、決して追い込まないスタイルで走り始めたから。最初はキロ6分のペースで無理せず楽しみながら距離を延ばしていった。

今では決めたルーティンとして走ってからシャワーを浴びて仕事に行く、あるいは入浴して寝るというのが心地のいい行動として習慣づけられている。

とはいえ、仕事の都合で走れない日もある。そんなときは1時間走ることに固執しない。15分しかないときは15分走ればいいと考える。これぞまさしく、ライフハック。

「おまえ、何がチャラ男だよ! とまわりの先輩からは言われます。でも、仕事は仕事、マラソンはマラソン、別ものなんで」

(インタビュー全文は、Tarzan735号で読めます)


Favorite items

ランニングウォッチとウェストポーチ
愛用する〈ガーミン〉のランニングウォッチと装着感抜群のウェストポーチ。ネックウォーマーは『火曜サプライズ』の共演者、ウエンツ瑛士さんからのギフト。

藤森慎吾さん
お笑いコンビ〈オリエンタルラジオ〉のツッコミ担当。『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の広報ランナーとして東京マラソン初挑戦。ランニング歴は2年強だが、長距離向きの身体能力を生かした今後の記録向上に期待大。

調子に乗った長野マラソンの結果、今後の野望など、インタビューの続きはTarzan735号にて!


Tarzan No. 735 RUNがカラダに効く10の理由。 掲載 〉
取材・文/石飛カノ 撮影/谷 尚樹 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾

ジャケット12,000円、Tシャツ4,990円、ショートパンツ5,990円、タイツ6,990円、シューズ参考商品、以上adidas、(問)アディダスグループお客様窓口(TEL)0570・033・033。