Aug15Wed

オレのニオイはまだ大丈夫か!? 臭いの数値化でスメハラ対策。

2018.04.19

大阪名物〈551蓬萊〉の豚まんが新幹線で食べられなくなる!? そんな噂がこのところ囁かれている。その原因は「スメル・ハラスメント(スメハラ)」だそうだ。

遥か昔から人類は体臭をはじめとしたさまざまなニオイ対策として、香水や消臭剤などを発達させてきた。ところが最近ではフレグランスや食物臭まで不快に感じる人が増えており、それをスメハラと言うそう。前述の豚まんもこのケース。

では、どれくらいクサければスメハラになってしまうのか。その基準をハッキリさせ、対策を取れるツールが〈コニカミノルタ〉の開発した《Kunkun body》だ。

くんくんぼでぃ
Kunkun body
iPhone 8と比べてもひと回り以上小さいボディ。各点数は個別臭を10段階、総合得点を0〜100で表すほか、簡単な改善手段を表示する。アップデートで「口臭」にも対応予定。27,778円。(問)コニカミノルタ https://kunkunbody.konicaminolta.jp/

これは自身の「あたま」「耳のうら」「わき」「あし」4ヵ所の体臭を測定する機器。各部位からアンモニア、ジアセチルなどの成分を検知し、それぞれを「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」として判断、表示する。さらに機械学習を行い、より精度を高めて検知する優れものだ。

測定方法は測りたい部位に1cmまで近づけてスイッチを入れ、30秒キープするだけ。アプリ上のアクションで測定バーが進むのでわかりやすい。最後の2〜3mmで突然スピードが落ちるが、クサいからではないので安心してほしい。

今回は、このマシンを使ってカラダだけでなく、注目を集めつつある豚まんも測ってみた。もちろん、ヒトと同じ香りを発するわけではないから、正確な数値とは言い難い。はたしてどんな数値を示すのか? 


【結果】 ライター・オガタ 平均45

article_20180419_739_jungle-gym_img2

肉まん 平均74

article_20180419_739_jungle-gym_img3

結果、ニオイの平均値は74。ニオイの弱い食材は美味しいと判断もしにくいことを考えると、オガタより数値が高いのも納得の結果。

そう考えると、体臭が豚まんほどの数値まで行くと、それは好ましいニオイとは言いにくいかもしれない。ゆえに体臭を計測して数値を低く抑えることの重要性も確認できた。

スメハラに下手に怯えるよりも、対処法も教えてくれるこの《Kunkun body》で先手を打って対策するのが賢いかも。


34歳、担当編集も測った! そして、年齢なりに臭った。

くんくんぼでぃと帽子
結構清潔にしているつもりでも、ニオイは隠せない。担当編集のワタベは髪型のセットが面倒で頻繁に右写真のニット帽をかぶっている。試しにこのニット帽を計測すると結構なミドル脂臭が。週末、念入りに洗濯したことは言うまでもない。

注:食品の計測は本来の使用方法ではありません。測定結果は、学習していないニオイに対し、センサーがなんらかの反応をしているだけで、偶然その数字が表示されています。よってその数値はあくまで参考値となります。


Tarzan No. 739 筋肥大のひみつ 掲載 〉
取材・文/緒方太郎 撮影/編集部