Dec10Mon

エンタメ度も本気度も120%。LDHプロデュースのジムへ、オープン前に直撃!

2018.03.30

ご存じの方も多いだろう。〈LDH〉とは、あのEXILEや三代目 J Soul Brothersなどが所属する会社。映画配給や、アパレルブランド、飲食店なども手掛ける総合エンタテインメント企業なのだが、今度はジムをオープンする。その名は〈EXFIGHT(エクスファイト)〉。場所は東京・代官山だ。

ジム名のとおり、プログラムは格闘技系のものが多い。キックボクシングに、柔術、UFCファイター・岡見勇信氏による総合格闘技クラスもある。トレーナー陣も、PRIDE武士道などで活躍した石田光洋氏を筆頭にプロ経験者が並ぶ。かなりガチなのだ(初心者OKでサポートは手厚いです!)。

article_20180330_738_jungle-gym_img4
充実のサンドバッグエリア。
キックボクシングのクラスやパーソナルトレーニングなどで使われるスペースには、7本もサンドバッグが!
article_20180330_738_jungle-gym_img1
ファンクショナル系ツールもズラリ。
〈TRX〉の《サスペンショントレーナー》が3つ、《リップトレーナー》が2つ。ロープやケトルベルも用意されている。

導入されている器具からもその本気っぷりが窺える。カーディオスペースには〈テクノジム〉のトレッドミル、〈スピニング〉のスピナーが各5台。テクノジムの《スキルミル》《スキルロウ》といった最新鋭のマシンも置かれている。もちろんマシンスペース、フリーウェイトスペースも充実している。

照明や音響にこだわっているのも〈LDH〉らしいところ。クラスの中身によって、照明が変わるのだ。クラスの風景を撮影し、プロジェクターを通してリアルタイムに壁面に映し出す、ライヴイベントのような仕掛けも予定しているそう。隅々までアツさを感じるジムなのだ!

article_20180330_738_jungle-gym_img3
音響と照明はさすがのクオリティ。
音響・照明に抜かりがないのは〈LDH〉らしさ。いい音、いい光がトレーニングへのモチベーションを上げてくれる。
article_20180330_738_jungle-gym_img2
最先端のボディスキャナーを導入。
赤外線を使って全身の3Dイメージを作成する《Styku》。動く台座の上で一周するだけで、あらゆる部位の筋肉、脂肪、水分量を測定できる。

EXFIGHT
EXFIGHT
●東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 Za HOUSEビル3F/4F、(TEL)03・5457・1013。入会金10,000円、発行手数料3,000円、月会費:レギュラー13,000円(10回/月)、マスター16,000円(無制限)。60分10,000円のパーソナルトレーニングあり。http://ldhmartialarts.co.jp

Tarzan No. 738 「血糖値」コントロール 掲載 〉
取材・文/神津文人 撮影/石原敦志