Dec18Mon

感覚の数値化で野球が進化する!《MAQ》(マキュー)

2017.12.05

ボールのキレが数字でわかる!

ボールを投げるだけで球速はもちろん回転数までわかっちゃう。

〈ミズノ〉から来春発売予定の《MAQ》(マキュー)はボールの中にあるセンサーが投球データを取得し、解析アプリで読み解く画期的ギア。先頃行われた発表会では、元横浜DeNA投手・三浦大輔さんによるデモンストレーションが行われた。

元横浜DeNA投手・三浦大輔さん
《MAQ》(マキュー)アプリ画面
投げた球の回転数や回転軸、速度の計測が可能。データは専用アプリを通じて複数名分管理できる。

三浦さんが最初に投じた直球は球速116kmで回転数は30。これはスピードのわりに回転数が大きく、打者の手元で球が失速せず伸びていることを意味する。その分、打者にとっては打ちづらい球というわけ。

続けて投げたフォークボールは球速89kmで回転数はわずか4。これは逆に重力に逆らうことなくベースの手前で落ちていく球筋であることを表す。打者が振りに行ったらボールは手前でストン。で、空振り。三浦さんの緩急を使い分けるプロの技は数字にも表れていた。

編集ワタベの投球
【編集ワタベ】球速:112.52km/h 回転数:22.09rps
「会場がどよめいた渾身のストレート!」
ライター黒田の投球
【ライター黒田】球速:86.50km/h 回転数:20.00rps
「ワンバンしたけど回転はまずまず!」

このギアの登場により、投げたボールの質がより詳しく把握できるようになる。プロはもちろん、アマチュアにとっても活用方法が考えられるだろう。

せっかくなので元球児の編集ワタベと筆者も投げさせてもらった。ワタベはさすがのストレート。筆者はフォークでもないのにベース手前で球がお辞儀。とりあえず、捕手まで球が届くようにならないと……。


《MAQ》(マキュー)
《MAQ》(マキュー)
専用の非接触型ワイヤレス充電器もボールっぽくてGOOD。ボール19,800円、充電器15,000円を予定。http://mizuno.jp/baseball/products/MAQ

Tarzan No.731 上半身テッパン筋トレ50 掲載 〉
取材・文/黒田 創