Dec18Mon

《イナリ食堂》で腰を抜かせ!

2017.11.16

信州飯山に名店あり、うまいだけじゃないのだよ。

この世に理不尽は多かれど、これから先も絵に描いたような理不尽、覚悟されたい。東京から新幹線で90分という便利なところに信州アウトドアの拠点、飯山駅がある。駅構内に〈信越自然郷アクティビティセンター〉があって長靴からマウンテンバイクまで(斑尾から飯山駅へのダウンヒル最高です)、外遊びの道具を貸し出してくれる、手ぶらで新幹線に乗っていい。

で、新幹線を降りたらセンターで自転車(ママチャリ型でいい)を借りる、そして「イナリ食堂はどこです?」と尋ねよう。

センターのスタッフは笑顔で道順を教えてくれる。そして《五目あんかけあげ焼きそば》と《からあげ定食》だけはオーダーしちゃいけませんよ、とアドバイスしてくれるだろうが、右から左に聞き流そう。

駅から10分もかからずイナリに到着、営業時間その他は下にある。運動部員の好きそうな店構え、扉を開ければ、漫画本に出てくるような典型的定食屋の風景(もちろんTV付き)がそこにある。きっと混んでいる、空いているわけがない。そこでオーダーするのは禁断のあげ焼きそばだ、これまでの行間に何かを感じるなら(弱虫め!)からあげ定食にしてもいいぞ。男は理不尽を越えねばならない。

イナリ食堂の五目あんかけあげ焼きそば
完食者はいるのか? UTMBで優勝するよりむずかしい。笑うしかない五目あんかけあげ焼きそば(これで普通盛り)900円。
イナリ食堂のからあげ定食
からあげ定食(もちろん普通盛り)1000円、ほんとかよ。トレイルランナー山田琢也さんも責任をもっておすすめします。
イナリ食堂
イナリ食堂
駅から自転車で6分。飯山市民、運動部員とそのOBたちに愛される味と桁外れのボリュームで歓待する定食屋。理不尽だろうがなんだろうが『ターザン』読者は行かねばならない。あ、かつ丼も危険このうえなし。11:30〜20:00、水曜定休。(TEL)0269・62・2372。


[column]ここが信越自然郷アクティビティセンター。

article_20171116_730_jungle-gym_img4
飯山駅構内にあるアウトドア便利店。情報、ガイドはもちろんレインウェアからスノーシュー、アバランチキット、テント、寝袋、自転車など外遊びに必要なもの、みーんな貸してくれる。8:30〜18:00、無休。(TEL)0269・62・7001。

Tarzan No. 730 7つの鍵で開く、睡眠の門 掲載 〉
取材・文/内坂庸夫 撮影/石原敦志