Aug15Wed

今月の2本買い!『ミッション:インポッシブル フォールアウト』&『オーシャンズ8』

2018.08.10

見る前のワクワクこそ映画の醍醐味じゃないか!?
『ターザン』映画部が期待作を見る前に買う。今月の2本はコレだ!


『ミッション:インポッシブル フォールアウト』

『ミッション:インポッシブルフォールアウト』
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

実はドラマ要素も面白いシリーズ。

今さら説明の必要もない大ヒットシリーズの第6作。もう「往年の名作TVシリーズ『スパイ大作戦』のリメイク」という意識で見ている人は中高年層でも少数派でしょう。今や「トム・クルーズのトム・クルーズによるトム・クルーズ・ファンのための代表的シリーズ」となりました。

当初はTV版を踏襲してスパイの騙し合いサスペンスの要素が強かったのですが、2作目以降はトムがカラダを張って危険なスタントに挑むアクションが売り物になり、トム自身のイメージも二枚目俳優からアクションスターにすっかり変貌。今回もトムがHALOジャンプ(超高空からジャンプして低高度でパラシュートを開く空軍式のスカイダイビング)に106回も挑んだことや、ビルからビルに飛び移るシーンで足を骨折したことが宣伝され、「50歳過ぎてもよく頑張るなあ」と、ジャッキー・チェンみたいなリスペクトを受けています。

でも、そういう派手なアクションだけのシリーズみたいなイメージで見られがちなのは残念。シリーズを重ねながらも監督を代えてマンネリ化を避け、娯楽ドラマとして高いクオリティを常に保ち続けているからこそ、新作に期待してしまうんです。特に今回はキャストに第3、4作でトム=イーサン・ハントの妻を演じたミシェル・モナハンの名があることに注目。イーサンの成長ドラマがさらに深まることに期待したいと思います。

【 期待度 】

期待度3
ターザン「50代トムの全力疾走する姿を見るだけで、オレも劇場に駆けつけねばと思わされる。」

STORY イーサン・ハントの失敗でプルトニウムがテロリスト組織に奪われた。任務より仲間の生命を選ぶイーサンの優しさは、世界を救えるのか? 監督/クリストファー・マッカリー。出演/トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィルほか。8月3日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。http://missionimpossible.jp/




『オーシャンズ8』

『オーシャンズ8』
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

今年を象徴する一本となるか?

こちらもシリーズもので、元は往年の名画のリメイクだった『オーシャンズ11』の、シリーズ4作目にしてオール女性キャスト版が登場です。

ハリウッド映画の制作準備には何年もかかるので、今年の「#MeToo」運動の盛り上がりを受けて企画されたわけではありません。逆に、こういう映画が制作されるほど女性パワーが近年のハリウッドで高まっていたから「#MeToo」運動が起きたのだと見るべきでしょう。セクハラや性差別問題そのものをテーマにした映画を見るのは何だか息苦しいですが、こういう娯楽映画で女性たちがイキイキ活躍するのを見るのは楽しいですね。むしろそういう映画こそ、自然に人々の意識を変えていくんじゃないでしょうか。

チームものの映画では、昔は女性キャストは紅一点みたいな添え物扱いだったのが、ついに女性だけのチームが描かれる時代になったわけです。男たちのものだった映画を女性キャストで作り直すというやり方は2年前の『ゴーストバスターズ』がありますが、あの映画が不振だったのはキャストの知名度が世界的にはまだ無名の新人レベルだったためで、炎上したのはメンバーが少なすぎて多様性が足りなかったからでしょう。この映画はベテラン、若手、さまざまな人種とジャンルの有名人が8人も超豪華に揃っているので大丈夫だと思います。大物女優たちの火花散る競演にワクワクしますね。

【 期待度 】

期待度4
ジェーン「オッシャレーな感じの予告編に期待大。もともとスタイルを楽しむシリーズですからね。」

STORY 盗みのプロフェッショナル、ダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンが、1億5000万ドルの宝石を盗むため、女犯罪者たちを集める……。監督/ゲイリー・ロス。出演/サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイほか。8月10日よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開。http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans8/



どっちの映画が「買い得」だった? 『ターザン』748号で結果発表!


Tarzan No.747 男と女の、ハンサムSEX。 掲載 〉
取材・文/黒住 光