Dec10Mon

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 今までの活動の 点と点を線にする このアルバムまでが 僕たちの第一章。

2018.09.21

陣:本作を名刺代わりに、正々堂々と発信しようという思いを込めて、グループ名をタイトルにしたんです。これまでとこれからの可能性を感じていただける1stアルバムになりました!

結成から丸4年の9月12日に発表する本作は、8月に幕を閉じた47都道府県ホールツアーと並行して制作した。

陣:忙しさ以上に充実感がありました。リリースが起爆剤になり、お客さんにも刺激を与えられたし、僕たちの勢いも活動の深みも増しましたね。

LIKIYA:結成・デビュー・ライブの点と点を一本の線にするのが本作。ここまでが僕たちの第一章です。

新曲を含む渾身の20曲を収録。

北人:『LA FIESTA』が完成して確信しました。この曲、バズりますよ(笑)。

LIKIYA:ラテン調のレゲエで色気を感じるメロディなので踊りもセクシーな振り付けに。本場の人がクールな曲を聴いたときにする“ガンフィンガー(拳銃のようなハンドモーション)”を取り入れてます!

壱馬:『Over』の歌詞が切なくてヤバいです。どんな人も、この曲から浮かべる情景がきっとあるはず。

RIKU:『Only One』は「僕たちの音楽で元気になってほしいからもっと強くなります」というファンへの決意表明でもあるバラードです。

陣:ジムやライブの前に『100degrees』を聴くと鼓舞される。ボルテージが上がって「やったるぞ!」と(笑)。

article_20180921_749_music_img5

リーダーはLIKIYAさんと陣さんの2人体制。それぞれの役割は。

LIKIYA:パフォーマンスの全体的な部分は僕が見て、陣くんはメンバーを一つにまとめてくれます。

陣:LIKIYAさんは一家の大黒柱です。そして僕は柱を支えるネジ。

壱馬:ネジ?(笑) 監督とコーチでしょ。

では、3名のボーカルにズバリ質問。自身の歌のアピールポイントは?

壱馬:ラップやパワーのある声が強み? でも僕としては「何でもやってやる」という思い。この心構えは昔習ってた空手で学んだのかな……。何事にも「できる」と自分の心の奥底で信じるところは昔から変わりませんね。

RIKU:スゴいな、僕は逆だ(笑)。でもR&Bが好きなので高音やグルーヴを細かく刻むのは自信があります!

北人:僕も自信を持って堂々と歌うことは常に心がけるように。今までのライブで得た手応えが自信の源です。

エネルギー溢れるランペイジ。最近“暴れ回った”のはどんなとき?

RIKU:2年前から始めたキックボクシングで、最近コーチに「パンチとキックが重くなったね」と言われた。嬉しくて次の日は暴れ回りました。普段は「シッ」と呼吸するのに「ウシャアァア!」って声が出て驚いた(笑)。

陣:先日歯の治療中に、痛みに耐えながらいろいろ考えました。「武者修行の方が大変だった」「世のお母さん方の出産に比べれば」とか。今なら、どんな過酷な状況でも踊れると思う!

走り出した16人の展望とは。

陣:パフォーマンスをもっと磨いて、僕たちを知らない人にも届けたい!

LIKIYA:自分たちで生み出したものを世に出していくことがランペイジらしさになるはず。作詞作曲や振り付けをガンガンやっていきたいです。


article_20180921_749_music_img1

『THE RAMPAGE』THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
エイベックス・エンタテインメント/全20曲収録、2CD+DVD4,980円。

●ザ・ランペイジ 2014年より2度の全国武者修行を経て17年にデビューした16人組グループ。左から吉野北人(Vo)、陣(Performer)、川村壱馬(Vo)、LIKIYA(Performer)、RIKU(Vo)。https://m.tribe-m.jp/artist/index/43?m=rampage_bus2016/




Coming Tune

article_20180921_749_music_img2

『エヴリシング・イズ・ラヴ』ザ・カーターズ
ビヨンセと夫のジェイ・Zによる3rdALは愛に満ちた強い絆がテーマ。ゴシップに惑わされる社会を歌う『ハード・アバウト・アス』は二人の切なる思いや問題提起が込められている。
ソニーミュージックジャパン インターナショナル/9曲収録、2,500円。解説・歌詞対訳付き。


article_20180921_749_music_img3

『グレイテスト・デイ』ジェイク・シマブクロ
ハワイ州ホノルル出身の日系人アーティストの新譜。日本盤限定収録の『アロハ・アクロス・ザ・スカイ』はJALハワイ線機内のテーマ曲。リゾート気分に浸りたいとき、リピート必至。
ソニーミュージックジャパン インターナショナル/13曲収録、初回盤3,426円、通常盤2,778円。


article_20180921_749_music_img4

『レインボーサンダー』ザ・クロマニヨンズ
新曲『生きる』を含む12thAL。甲本ヒロトが作詞作曲を手がける『恋のハイパーメタモルフォーゼ』は素直な恋心をクロマニヨンズサウンドに乗せて歌う。疾走感あるリズムはアガる!
アリオラジャパン/12曲収録、2,913円。完全生産限定のアナログ盤はファン必聴。10月10日発売。

Tarzan No.749 二度と太らない! 掲載 〉
取材・文/門上奈央 撮影/石原敦志 スタイリスト/石川TOCCI仁司 ヘア&メイク/谷川一志、上野綾子、大矢佑奈、高畑奈月