Aug15Wed

w-inds. 本作を作った瞬間 また次が見えたから、 永遠に100には到達しないかも。

2018.07.24

慶太 『100(ワンハンドレッド)』を作り始めたのは、マネージャーが何気なく発した一言がきっかけです。「知ってますか、慶太さん涼平さん龍一さん。3人の年齢を足し算したら100になるんです」。これはスゴいぞとアルバムの制作を始め、1か月後には3人の生年月日(西暦)の各数字を足しても100になると判明しました。

近年、音楽マニアの間で「w-inds.の音楽がかっこいい」と話題だ。事実、収録曲はR&BやHIP-HOP、ニュージャックなどを織り交ぜた独自のポップスで、橘慶太は自ら収録曲全てのプロデュースに携わった。
慶太 ここ数年は洋楽的なダンスミュージックが中心ですが、最終的にはポップスに落とし込みたいんですよね。J-POPという土俵で17年間音楽をやってきたし、僕たちのルーツだから。

年々音楽が好きになると話す3人は、本作にかなり手応えを感じている。
龍一 どの曲も思い入れしかない(笑)。1曲目の『Bring back the summer』は、長い間応援してくれてるファンに向けた曲であり、僕たちに興味を持ってくれる方に名刺代わりに届けたい曲。
慶太 今回一番最後に作った曲ですね。w-inds.の歴史を全て詰め込んだ曲にしたいと思って作りました。
涼平 ひと夏の恋がテーマの『Temporary』を初めて聴いたとき、「いい曲きたな」と。主人公の心情や記憶を歌詞でなく音で表現してるんです。すげえいい曲をありがとうございます。
慶太 突然なによ(笑)。ひと夏と思ってたのに真剣になってしまった男性の曲ですね。ほとんどメロディから思い浮かぶドラマを歌詞にします。遠距離恋愛の彼女に会いに行く男性を歌う『I missed you』も、制作中にすごくイメージが湧いてきました。その意味でも印象に残っている曲ですね。

article_20180722_745_music_img5

3人の高揚がダイレクトに伝わる本作は、今の集大成になるのだろうか。
慶太 100やりきろうといつも作ってるんですが、完成した瞬間に次にやりたい音楽が出てくるんです。たぶん永遠に100にいけません(笑)。

この夏w-inds.はライブやイベントに奔走。すでに意気込みは十分だ。
涼平 僕たち主導のフェスやアーティストとのコラボなどで、ファンの方や関心を持ってくださる方に楽しんでもらえる夏になるように頑張ります!
龍一 表現できる場がある喜びを最大限に感じつつパフォーマンスしたい。
慶太 本当に盛りだくさんだからね。夏は弾けて冬には冬眠しようかと。
龍一 寒い季節には面白そうなゲームソフトがたくさん出ますしね(笑)。

ダンサーでもあるためか、デビューから変わらず皆さん脱げるカラダだ。
慶太 最近、龍一君がカラダづくりに励んでます。現場でもいつもタッパーに入った大量の豆を食べてる(笑)。
龍一 茹でた豆ね。トレーニングはウェイト中心でカラダを大きくしたいので。でも慶太もかなり鍛えてたじゃん。
慶太 もう引退したよ。ハマってた当時はカラダの構造から勉強してました。
龍一 僕の専属トレーナーです(笑)。涼平さんは手首故障中なんだっけ。
涼平 ブレイクダンスで関節痛めまして、筋トレもしづらい状況です。
慶太 関節を痛めないためにも、筋肉って必要なんですよ(笑)。


article_20180722_745_music_img3

『100』w-inds.
ポニーキャニオン/12曲収録。CD+Blu-rayの初回盤4,630円。通常盤2,778円。

●ウインズ 千葉涼平、橘慶太、緒方龍一。2001年デビューのダンスボーカルユニット。香港や台湾などで海外の単独ライブをすでに18回開催しており、デビュー当初から常に進化し続けている。http://www.w-inds.tv/index.php/




Coming Tune

article_20180722_745_music_img2

『PULSATE』indigo la End
演奏力の高さで話題の4人組バンドの4th AL。2017年冬に配信限定で発表された『冬夜のマジック』は、疾走感あるメロディで叶わない恋への思いを歌った一曲。夏の夜にもおすすめ。
ワーナーミュージック・ジャパン/11曲収録。CD+DVDの初回盤3,800円。通常盤3,000円。


article_20180722_745_music_img4

『3』SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINE
バカリズムが生み出す歌詞とエレクトリックなサウンドが交差し、二つとない音楽世界へ誘う新譜。女優・麻生久美子が参加した『捨てられない街角』は昭和を思わせる哀愁漂うナンバー。
日本コロムビアBETTER DAYS/10曲収録。通常盤3,000円。2LP5,500円。


article_20180722_745_music_img1

『LIBERATION』Christina Aguilera
約6年ぶりのリリースとなるアギレラの6th AL。米人気歌手のデミ・ロヴァートとfeatした『Fall In Line』は“同調圧力に屈するな”との思いが込められた重厚感あるメッセージソング。
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル/15曲収録。2,400円。

Tarzan No.745 この夏こそ、脱げるカラダになる! 掲載 〉
取材・文/門上奈央 撮影/石原敦志