Nov23Thu

ザ・クロマニヨンズ「入り口はどこでもいい。ルールなしで楽しんで」

2017.11.03

「アルバムで伝えたい明確な何かがあるわけでもないし、コンセプトもない。収録された歌とは関係なく、タイトルは最後につけるんです」(甲本さん)

「しかも狙いもなく、ただなんとなく。8割から9割方は、なんとなく決まっていくんです、僕ら」(真島さん)

「4人がやりやすいよう、なりゆきでバンド活動しているんだよね(笑)」(甲本さん)

11枚目となる新譜をリリースしたばかりのザ・クロマニヨンズ。シンプルでタフ、かつ聴き心地のよいクロマニヨンズ節は、本作でも炸裂している。日々の生活の中で生まれた歌を2人がそれぞれ持ち寄り、今回もレコーディングをしたという。

「4人でやったら楽しそうだなって曲を選んで持っていく」(真島さん)

「僕は、今日どのパンツ穿こうかな?っていう感じで、アルバムに入れる歌を持っていきます。僕らは一発録りしたあとに、楽器を重ねないんですよ。例えばマーシー(真島さん)がギターを何本も録音して、音を分厚くするとか。だから、ドラムとベースとギターの音がしっかりと聴こえる。だからこそ、ベースラインがよく響いて格好いい音になっているんだよ」(甲本さん)

ザ・クロマニヨンズ

歌のほとんどは、目覚めた瞬間や何かの拍子に、メロディと歌詞が同時に頭の中で鳴り出すそう。

「見たもの、聞いたもの、読んだものの影響を受けていて。それが何かの勢いで、ポンッと出てくるんですよ」(真島さん)

「朝起きたときに、突然浮かんでいる場合があって。たいていは断片なんだけど、たまに楽器の音も一緒にまるごと一曲出てくるときも。初めてその経験をしたときは、どっかで聴いた曲なんじゃないかって不思議だったよ。出てきたときは“ラッキー!”って思う(笑)」(甲本さん)

奇跡のような感動的な体験から生まれた歌だからこそ、誰かに聴かせたいと思うのだとか。

「一日中部屋の片づけをしながら歌ったり、散歩しながら口ずさんだりしていると、それがどんどん膨らんで、一曲の歌に化けていく。でね、自分で作った歌なのに、“わぁこんなこと言ってる!”って驚くんだよ。その驚きが、きっと他の人も驚いてくれるだろうっていう自信になる。そして、自分の歌にこんなに感動できたから、みんなにも聴かせようって思うきっかけになるんだ」(甲本さん)

そんな歌と気持ちを携えて、北海道から沖縄まで、全58本にもわたるロングツアーへと出る。

「僕らのライブにルールはない。特別なマナーがあるんじゃないだろうか、こういうふうに乗らなきゃいけないんじゃないだろうか。そういうのは何もないから、自分の楽しいように、好きにやってほしいんだ」(甲本さん)

「うん、そうだね。ライブに来ると痩せるよと、『ターザン』読者の方々を誘ってみようか」(真島さん)

「いいね(笑)」(甲本さん)

「初めてギターを持った時から、人と一緒に音を鳴らすのがすごく楽しくて。その延長線上で、バンドのツアーであちこちいろんなところに行ける。僕はなんて超『ラッキー&ヘブン』なんだろうって思っています」(真島さん)

「入り口はどこでもいいんで、今回のアルバムもツアーも楽しんでほしいですね」(甲本さん)


ラッキー&ヘブン
『ラッキー&ヘブン』ザ・クロマニヨンズ
ariola/12曲収録2,913円。初回分のみ紙ジャケット仕様。アナログ盤も発売。

●甲本ヒロト(Vo/写真左)、真島昌利(G/写真右)、小林勝(B)、桐田勝治(Dr)によるロックバンド。2006年のデビュー以降、ほぼ毎年アルバムをリリース。4月まで続くツアー詳細はHPにて確認を。http://www.cro-magnons.net




Coming Tune

BOOTLEG
『BOOTLEG』米津玄師
映画やアニメのテーマ曲や初音ミクへの楽曲プロデュースなど多方面で活躍中。作詞作曲のみならず、プログラミング・アレンジ・演奏・動画なども自身で手掛けるマルチな才能が溢れる。
ソニー ミュージックレコーズ/14曲収録3,000円。11月から全国ホールツアーが大阪からスタート。

INTELLIGENCE
『INTELLIGENCE』夜の本気ダンス
バンド名の通り、グルーヴィでダンサブルなロックを鳴らす4人組。ビートの利いたスピーディなドラムと響くベースライン、スリリングな歌詞が頭とココロを心地よく刺激する。
ビクターエンタテインメント/12曲収録2,800円。11月から全国ツアーが川崎からスタート。

フリッカー
『フリッカー』ナイル・ホーラン
英国の人気グループから新たなソロシンガーがデビュー。ファンク、フォーク、アコースティックなどバラエティに富んだ一枚。スローテンポの『THIS TOWN』は失恋の切なさを歌う。
ユニバーサル インターナショナル/15曲収録2,200円。

Tarzan No.729 ボリュメトリクス 掲載 〉
取材・文/奥山華代 撮影/石原敦志