Oct20Sat

NYにNASAが? EMSスーツで鍛える近未来的トレーニング。@U.S.A. in N.Y.

2018.08.03

肩こり改善のためにカラダに電流を流したら、ピリピリする感覚が気持ちよかった、という人にはうってつけかも? 〈ショック・セラピー〉は、エレクトリック・マッスル・シミュレーション(EMS)のワークスタジオ。

筋肉は脳からの指令により運動するが、この指令と同様の刺激を電気で与え、筋肉を運動させる仕組みがEMS。筋肉の深層まで電気が届くため、自発的な運動より高い運動効果が得られるという。

パワースーツ
壁に掛けられたパワースーツ。
全身にショックがくるのか……ドキドキ。
トレーナーのウラさんが、生徒一人一人にスーツを着せてくれる。

EMSは1970年代にNASAが、宇宙で筋肉が衰えた宇宙飛行士のカラダを鍛えるために考案。以後、 各地で普及したが、6人制のグループのクラスとしては、このスタジオが世界初だ。

電流が通るパワースーツを着用し、スクリーンに映されたスクワットやクランチ、ダンベルなどのトレーニングを行う。電気で刺激が加わると動作も重く感じられ、筋肉を酷使しているのが痛いほどわかる。最初は電流がくすぐったくもあり、爆笑しちゃうお茶目な人も。30分で3時間分のトレーニング効果があるそうだが、確かにクラス後は、カラダがヘロヘロで立てないほど!

30分で3時間の効果! キツいけど頑張るわ!
クラスはBGMが大音量で流れ、暗がりの中にライトが光り、クラブ調。シンプルなダンベルの動きも、電流が流れているとかなりキツイ。クラスは3段階に分かれている。
モニター
モニターがあり、動作がわかりやすい。
あなたもハードコアな体験してみない?
創設者のエスラ・カブソグルさん。


article_20180803_746_get-in-touch-with_img6
Shock Therapy
〈ショック・セラピー〉153 East 70th St. New York, NY 10021 (TEL)917・409・0128。初回$30、$55/回、$255/5回。www.shocktherapyfitness.com

Tarzan No. 746 もう一度、泳いでみよう。 掲載 〉
text: Azumi Hasegawa photo: Omi Tanaka illustration: Shinji Abe