Apr29Sat

カラダ中のコリの引き金、肩こり予防!

2017.01.30
漫画
ミッタン:疲れている人を放っておけない心優しい女の子。たまに可愛い失敗もしちゃうけれど、今日も元気に成長中! 大好きなのは、パパと風船。

〈 のびのび〜ストレッチ〜 ヨガ編 〉
TODAY’S YOGA
「カラダ中のコリの引き金、
肩こり予防!」

芥川舞子さん
INSTRUCTOR : 芥川舞子さん

1月から『今日トレ』月曜日の担当をさせていただいていますヨガインストラクターの芥川舞子です。これから数ヶ月の間、ヨガでじっくりココロとカラダを一緒に整えていきましょう。
今回のテーマは、「肩こり予防」。片腕の重さは、体重が軽い人でも4kg近くはあるといいます。これを常に支えている肩・首まわりの筋肉は無意識のうちに緊張しがち。姿勢不良などにより筋肉の緊張に追い打ちがかかると、コリや痛みを生じやすくなります。肩こりが発症すると、目の疲れ、頭痛、背中全体のコリといった症状に繋がる可能性も。早めにケアをして、複合的に起こる症状も予防していきましょう。


Yoga 1ねじる猫のポーズ

ねじる猫のポーズ1

四つん這いになる。左手を30センチほど前に出し、写真のように右手を左側に伸ばして、肩とこめかみを床につける。

arrow
ねじる猫のポーズ2

【ゆっくりと吸って吐くを5回繰り返す】
息を吸いながら上の手を天井方向に伸ばし、吐きながら斜め後ろに腕を引く。胸を開き、そのまま5呼吸。逆も同様。


Yoga 2首すじを伸ばすポーズ

首筋を伸ばすポーズ1

あぐらで座り、両手を床に置く。息を吸いながら背すじを伸ばし、右手を反対の耳に引っ掛ける。

arrow
首筋を伸ばすポーズ2

【ゆっくりと吸って吐くを5回繰り返す】
右腕の重みを利用して、息を吐きながら右に頭を傾け、首の横側を伸ばす。反対のお尻が床から浮いてこないよう、カラダの中心をキープしたまま真横に倒すこと。そのまま5呼吸。左も同様に行なう。


芥川舞子●あくたがわ・まいこ。モデル/ヨガインストラクター。ヨガ指導歴12年。大手ヨガスタジオでトップインストラクターとして活躍する傍ら、若手インストラクターの育成にも携わる。大型イベントやメディアにも多数出演。ホットヨガスタジオLAVA CMキャラクター/ Reebok ONE アンバサダー


取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 ヘアメイク/村田真弓 漫画/コルシカ

衣装/ヨガ バックスタイル ロングブラトップ6,990円、バンダナプリント レギンスパンツ 8,900円、以上リーボック アディダスグループお客様窓口(TEL)0570-033-033