Feb25Sat

起きて立ち幅跳びをやってみせろ。自分の身長分飛べたら、合格じゃ!

2016.07.23

今日のお題起きて、立ち幅跳びをやってみろ。
自分の身長分を飛べたら、合格じゃ!

助走をつけずに行う立ち幅跳び。学校の体育の授業以来、やったことがない者も多いだろうが、立ち幅跳びでおぬしのカラダの意外な弱点が暴かれるぞ。


[立ち幅跳びのやり方]

image-1

両足を腰幅くらいに開いて立つ。両腕を後ろに引きながら勢いよくしゃがみ、十分にバネをためる。

ADVICE
踵から着地することが多く、膝に負荷がかかりやすいので、部屋で行うときもトレーニングシューズを履くこと。公園や河原など、土や砂の上で行うのがベスト。


image-2

1の反動を使い、両腕を前に振り上げながら強く踏み切り、できるだけ遠くへジャンプして着地する。

ADVICE
できるだけ遠くへジャンプするには、45度の角度で飛ぶのが良い。


sat_20160730_demo


ill_shimizu_animation2
image-3

立ち幅跳びで、腹筋の鍛錬度が暴かれる。

 立ち幅跳びで身長分の距離を飛べないのは、おぬしの腹筋が衰えているゆえ。遠くに跳ぶには、強く踏み切ったときに最大に引き延ばした腹筋を反射的に縮めて、両脚を引き寄せて前に振り出す動きがポイントになる。この動作は腹筋のエクササイズで言うなら、ジャックナイフ、またはVシットに近い。それができていないのは、腹筋が弱くなっている証拠に他ならぬ。腹筋が使えないと、脚が引き寄せなれないため、頭から前のめりで無ザマに着地するハメに。悔しかったら、腹筋を使って脚の引き寄せを意識してみよ。それだけでも遠くへ跳べるようになるはずだ。反動を上手に使って滞空時間を長く取り、腹筋をダイナミックに動かしてやれば、立ち幅跳びは立派な腹筋のトレーニングになるぞ。



今日の補習タックジャンプ

身長分を飛べなかった者に、喝!

両足を腰幅くらいに開いて立ち、両腕を後ろに引きながら勢いよくしゃがむ。十分にバネをためたら、バンザイをするように腕を引き上げて真上にジャンプ。両膝を胸に引き寄せて、両腕で抱きかかえて着地する。これを繰り返していると弱り切った腹筋が強化される。とくに鍛えにくい腹筋の下部に有効である。

sat_20160730_hoshu

shimizu-580

[質問1]

これから塾頭に質問させていただきたいのですが、な、何を最低限守って伺えばよいでしょうか……。こんな質問ですいません!ひぃぃ〜!
kao
む、よい質問じゃ。これからわしに何か尋ねたいことができたらお主のことを詳しく話すのだ。年齢、性別、身長、体重、体脂肪率、運動歴に傷害歴。今どんなことに悩んでいるのか相手が想像できるように尋ねるのもこの道場では大切じゃ。といってもあまり長くてもそれはそれで辛抱がいる。400字以内。一人、月1回が理想じゃな。あまり聞いてばかりいて自分で考えない頭を持つのは本意ではない。

[質問2]

塾頭、わっしの質問にはいつでなんでも答えてくれるんですか?
kao
すべての質問に必ず答えるわけではない。時には首をかしげたくなるような質問もあるわけじゃ。わしが抱える門弟は多い。ゆえに翌週すぐにというわけにはいかん。翌々週になってしまうことがあるかも知れぬがそれは容赦願いたい。
質問を送る

監修/清水道場 
取材・文/井上健二 撮影/山城健朗 イラストレーション/more rock art all