Apr29Sat

フィールドログにフォーカスしたタフなアクションカメラに注目!

2016.09.13

アクションカメラは何より“タフ”でなければならない。オリンパスの新作《スタイラス TG トラッカー》はハイレベルのタフさに加え、気になる機能を備えている一台だ。
まずはそのタフさ具合だが、高さ2.1mからの落下テストをクリア、気温マイナス10度における動作保証、最大100kgの荷重に耐える堅牢性など頑丈そのもの。そして驚くべきは水深30mでの撮影を可能にしたこと。同社の過去モデルにおける最大水深15mを大幅に更新しており、幅広いフィールドでの撮影を可能にしていることが窺える。

STYLUS TG-Tracker

GPSやコンパス、加速度センサーに加え、気圧や温度センサーを搭載しているのも興味深い。それらのログが記録されることで、映像を専用アプリで確認するときに、位置や高度などが一緒に表示できるのだ。動画の中の人物の動きに合わせてマップや高度計上のマーカーが同時に動くのはかなりの臨場感。ログ情報は撮影時にリアルタイムで表示できるので、アウトドアツールとしても十分なスペックである。
付属のステディグリップを装着して銃のように構えると、より安定した撮影ができるのもポイント。またアクションカメラでは珍しく90度可動式モニターを搭載。手ぶれ補正付きで4K動画の撮影が可能だったり、LEDライトを使って暗所でも鮮明な映像が撮れたりと、いろいろと細かい部分まで気が利いている。これで手のひらに収まるサイズなのだから、その技術力に脱帽である。


アプリ『OLYMPUS Image Track』で映像とログ情報を一画面に表示可能。映像上の移動に合わせて地図や高度計のマーカーも動く。
アプリ『OLYMPUS Image Track』で映像とログ情報を一画面に表示可能。映像上の移動に合わせて地図や高度計のマーカーも動く。

OLYMPUS
STYLUS TG-Tracker
[ アクションカメラ ]
オリンパス《スタイラス TG トラッカー》オープン価格(編集部調べの実勢価格40,000円前後)。重量約180g、サイズ35×56.5×93.2mm、付属品は水中用プロテクター、ステディグリップ、マウントカップリングなど。別売りでリュックなどに使うホルダーも。(問)オリンパス(TEL)0570・073・000。


Tarzan No. 703 実は、アタマに良いコト、悪いコト 掲載 〉
取材・文/黒田 創 撮影/小川 聡