Jul27Thu

糖化防止テクを伝授! 糖化お悩み相談室

2017.06.25

昭和生まれリスナーのお悩みに答える、人気ラジオ番組がON AIR!あなたのハガキが読まれるかも?

article_20170625_721_touka-soudan_img1
大橋六輔/バリバリ昭和世代の博識ラジオパーソナリティ。仕事、恋愛、糖化までよろず相談、ハガキで受け付けてます。
スイート佐藤/平成生まれのアシスタント。かわいい顔して意外とズケズケ物を言う、AKBで言うところのサシハラ的存在。


お悩み1
砂糖や甘いお菓子はほとんど口にしません。自分は糖化と無縁だと思っているのですが。

スイート:はー、甘いものを口にしなくても平気なんて、羨ましいですねー。私なんて名前の通り、スイーツを食べられないなら舌噛んで死んじゃいたい。これは糖化の心配はないんじゃないですか? 大橋さん。

大橋:いやスイートさん、ここを見たまえ!

スイート:突然、ホームズ調?

大橋:ほら、ここに油染みがあるだろう?

スイート:本当ですね、クンクンするとスナック菓子の匂いがします!

大橋:定番のスティック系スナック菓子の原材料名を見てみよう。

スイート:えーと、小麦粉、植物油、香辛料……、あっ砂糖! 果糖ぶどう糖液糖も!

大橋:小麦粉は約70%が糖質、約10%はタンパク質、そこに砂糖と果糖が加わってこんがり焼けてるわけだから、これはもう立派なAGE食品です。

スイート:しょっぱいからって油断は禁物なんですねー。

article_20170625_721_touka-soudan_img2B

→スナックなどの隠れ糖質食品に注意。



お悩み2
上司に誘われてよくカレーやラーメンを食べに行きます。残すに残せないので糖化が進むのではないかとビクビクしています。

スイート:パワハラですね。自分だけ太るのはイヤだから部下も道連れにするという。

大橋:スイートさん、それ考えすぎ。昭和生まれの上司は、なんとか部下とコミュニケートしたいんだよ!

スイート:でもカレーやラーメンを残せないんじゃ困ります。

大橋:大丈夫。そんなときは食後1時間以内に階段上りやウォーキングを取り入れればオッケー。

スイート:20分歩かなきゃダメとか……?

大橋:食後は15分ウォーク。それにスクワットを20回、または階段上りを1〜2分。有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて、糖をエネルギーとして使う食後の運動を習慣にすれば糖化予防に効果的なんだ。

スイート:それなら私もできそうです。どんと来い! パワハラ!

article_20170625_721_touka-soudan_img3

→食後のウォーキングと階段上りでリカバリー。



お悩み3
朝、昼、晩、1日3度の食事はきっちり摂るようにしています。糖化の危険はないと思っています。

スイート:この食事の規則正しさ。30代の男性の方にしては素晴らしくないですか?

大橋:そうですかね?

スイート:大橋さん、なんか冷たいです。

大橋:だってこれ見てごらんよ。朝8時に食べて昼は12時に食べて夜は10時に食べてと、これ全然規則的じゃないでしょ?

スイート:朝と昼の間が詰まってて、昼と夜の間が空きすぎ?

大橋:その通り。朝食で上がった血糖値が下がり切らないうちに昼を食べて、今度は血糖値が下がりすぎた状態で夕食を食べる。これはまずい。朝8時に食べたら、昼は2時でもいい。夕食をもう少し早めれば血糖値が乱高下することもないからね。

スイート:ランチは時間が来ると習慣的に食べてますけど、フラフラ先輩についてっちゃダメなんですね。今日は断ろうっと。

article_20170625_721_touka-soudan_img4

→時間が来たから食べるというのはかえって危険。


『Tarzan』721号では、糖化にまつわる15のお悩みに回答!


Tarzan No.721 酸化・糖化・炎症 掲載 〉
取材・文/石飛カノ イラストレーション/ホセ・フランキー 取材協力/久保 明(常葉大学健康科学部教授、東海大学医学部医学科客員教授)
参考資料/久保 明『「糖化」をふせいで老いない・病まない体になる!』(PHP研究所)