Jul28Fri

「細いだけ」から「メリハリ」に。 女のカラダも筋肉で飾る時代。

2017.05.12

筋肉女子、インスタで増殖中。

女性が憧れる女性のカラダは、今、SNSの中にある。代表的なSNSといえばインスタグラムだ。気になるキーワードを入力すると関連する画像や動画が見られるが、そこで「#筋肉女子」「#workout」などと検索すると、鍛え抜かれたカラダやトレーニング中の動画を見ることができる。トレーニングに励む女性たちはその中から目標となる人を見つけ、参考にし、やる気を高める。見られる側も見られることをモチベーションとし、美しさを追求する。健康なカラダがスタンダードになり、ただ細い体型がいいとされてきた時代はもう終わりつつあるのだ。




安井友梨さん

(外資系金融機関勤務)

安井友梨

FOLLOWER: 19万7000人
ACCOUNT: yuri.yasui.98
 

「ボディビルと聞いて誰もがどんな競技なのかわかるように、『フィットネスビキニ』を誰もがわかるような競技にしたい」とチャレンジを続ける安井さん。もともとはポッチャリ体型だったというが、一歩一歩確実に前に進め、昨日の自分を超えられることにトレーニングの楽しさを感じ今に至るそう。今年の目標は全日本で総合優勝3連覇達成。


安井友梨
安井友梨

●金融機関での仕事と競技を両立。トレーニング開始から10か月でフィットネスビキニ選手権総合優勝。全日本選手権総合優勝2連覇中。世界選手権11位。アーノルドビキニ7位。




NATSUさん

(モデル/ダンサー)

NATSU

FOLLOWER: 17万1000人
ACCOUNT: kogenatsu920

トレーニングは1日1部位(肩、胸、背中、脚)に分けて、週6回。大会に向け減量期の現在は、ささみとブロッコリーと豆を中心に、高タンパク、低カロリー、低糖質、低脂質の食事を取り入れているのだそう。「今後は今よりも上半身に筋肉をつけてバランスを整え、海外の大会にも挑戦したい。自分が誰かの勇気やモチベーションになれたらうれしい」。


NATSU
NATSU

 

●元サイバージャパンダンサーズ。サマー・スタイル・アワード×ドリーム2016に出場し、他の選手の肉体美に刺激を受けて本格的にトレーニング開始。アピールポイントはお尻と太腿。




栗原ジャスティーンさん

(モデル)

栗原 ジャスティーン

FOLLOWER: 5万9000人
ACCOUNT: shell.jay
 

LAに暮らしていた頃、街中でレギンスにヨガマットを担いで歩いている女性たちを見て、内側から出るハツラツとしたオーラが美しいと感じ筋トレを開始。「今年6月に控えている挙式に向け、今は肩・背中まわりを中心にトレーニングに励んでいます」。最近のプチ自慢は80㎏でフルスクワットができるようになったこと。今年は大会にも出場予定。


栗原ジャスティーン
栗原ジャスティーン
ウィズ ア ホワイト/アールイズ・ウェディング

●CM、雑誌等で活躍。ベストボディ・ジャパン2015東京大会グランプリ受賞。定期的にトレーニングのセミナーイベントなどを開催している。UNDER ARMOURの契約モデル。


Tarzan No.718 「筋育」のススメ 掲載 〉
取材・文/黒澤祐美