Jul28Fri

戦慄の地上13mで鍛える。[マッスルモンスター]

2017.05.14

あの鐘を鳴らすのは、ライター・クロダ!

筋育に打ってつけの施設が3月、神奈川県の〈さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト〉にオープンした。その名も『マッスルモンスター』。

これはアジア初上陸のクライミングアトラクションで、高さ16.1m、3層構造の中には空中雲梯、空中ボルダリングなどスリル満点のアクティビティが92種類。しかもそれが標高370mの山頂&崖っぷちの超絶ロケーションに存在するのだ。

article_20170514_718_muscle-monster_img2
アクティビティの数は92種類。小学生から大人まで楽しめる。

「類似施設はヨーロッパなどにもありますが、山頂の崖際に建てたのは今のところウチだけ。恐怖心を煽られながら全身の筋肉を駆使でき、その先には相模湖を望む絶景が広がります」(同園営業部・中西亮介さん)

てなわけで挑戦開始。まずハーネスをカラダに装着。そこから命綱となるフックが2本出ていて、施設全体に張り巡らされたワイヤに引っ掛けてプレイする。フックはいずれかがワイヤに掛かっていないと外れない設計で、安全対策は万全だ。

article_20170514_718_muscle-monster_img3
入場前はワイヤの使い方をしっかりレクチャー。これが大事。
article_20170514_718_muscle-monster_img1
最上段から迫り出して鎮座する鐘。これ、中央道からも望めます。

アクティビティは難易度別で、上層部ほど難しくなる。空中をスラックラインで渡るとか、まさに『カイジ』の世界。そして最難関の「勇気の一本橋」まで辿り着いた。

最上段から1本の鉄鋼が迫り出し、その先にある鐘を鳴らす和田アキ子もビックリの最恐ぶり。しかしここは男、行かねばならぬ。体幹をフル稼働し、太腿をプルプルさせつつ下を見ないように鉄鋼の先端へ。そして一閃「クヮ〜ンンン」。

翌日、体内では鐘の音の残響とバッキバキの筋肉痛が絶妙にブレンド。これぞ筋育の余韻なり!

article_20170514_718_muscle-monster_img4


マッスルモンスター
フリーパス(大人3,900円、小人・シニア3,100円)所有時と宿泊時は大人、小人とも1,000円。入園券入場時は大人1,500円、小人1,200円(安全器具装着、レクチャー含め1時間当たりの値段。延長1時間800円)。身長120cm以上、体重120kg以下の利用制限あり。さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの営業時間、定休日は公式ページsagamiko-resort.jpで確認を。5月は11、18、25日が定休日。

article_20170514_718_muscle-monster_img5

『Tarzan』718号では、話題の筋育トピックスをご紹介!


Tarzan No.718 「筋育」のススメ 掲載 〉
取材・文/黒田 創 撮影/谷 尚樹