Aug23Wed

大音量の音楽の中、暗闇でサンドバッグを叩き続ける!

2017.03.26

小島よしお ×〈b-monster〉

暗闇と音楽が限界以上のものを引き出してくれる。

article_20170326_715_kojima-yoshio_img1

「体力には自信ありますよ!」という小島よしおさんとやってきたのは〈ビーモンスター〉。大音量の音楽が流れるクラブのような空間で、ボクシングをベースとした独自のプログラムが受けられる。

心拍計をつけたら、グローブをはめる前にウォーミングアップ。プッシュアップやスクワットで刺激を入れながら、ジャンプやバーピーで心拍も上げていく。サンドバッグパートに入るとハードさは増し、思わず声が出る。

「タブレットに心拍数が出るので、170までは上げようって頑張っちゃいました。心拍数が見えるとキツいふりができない」
汗だくになりながら本気でサンドバッグを叩き続けた小島さん。自分の中の野性に出会えたそう。
「20分を過ぎた頃、暗闇の中に太古の森と壁画が見えました。野性の本能が目覚めた気がします!」


article_20170326_715_kojima-yoshio_img2
グローブを装着する前に行うウォーミングアップも、かなりハード。プッシュアップ、スクワット、ジャンプなどを繰り返す。
article_20170326_715_kojima-yoshio_img3
インストラクターの声に合わせ、ジャブ、クロス、フック、アッパーをサンドバッグに叩き込む!
article_20170326_715_kojima-yoshio_img4
レッスンは45分間。水を飲む時以外は、ほぼ動きっぱなし。
article_20170326_715_kojima-yoshio_img5
プッシュアップやシットアップ、体幹トレーニングも合間に組み込まれている。サンドバッグを叩いて心拍数が上がっている中での筋トレなので、これまたキツい。
article_20170326_715_kojima-yoshio_img6
最後までペースを落とすことなくやりきった小島さん。「ジャンプ系とサンドバッグがきつかったですね。明日はふくらはぎと、肩まわりが間違いなく筋肉痛になりますよ……」。

article_20170326_715_kojima-yoshio_img7
b-monster AOYAMA
東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル1F・B1、☎0570・066・036。◯24時間営業(日曜7:00〜23:00)。入会金15,000円(体験同日入会の場合は無料)、月会費15,000円(マンスリーメンバー)。今回の撮影に協力してくれたインストラクターのKAIYAさんは現役のダンサーでもある。http://www.b-monster.jp

●こじま・よしお 多数のバラエティ番組で活躍中。最近はランニング、フリーウェイトトレ、ボルダリングに励んでいる肉体派芸人。オフィシャルブログ http://ameblo.jp/yoshiooyoshi/


『Tarzan』715号では、ジムの選び方・使い方から最新情報までご紹介!


Tarzan No.715 テキトーだらけの道具トレーニング 掲載 〉
取材・文/神津文人 撮影/石原敦志