Jun26Mon

憧れのカラダを作る、高タンパク食リスト!

2016.10.23

「何よりも重要なのは食事ですね」と、ベストボディジャパン・グランプリの受賞歴を持つこの兄妹が言うんだから間違いない。
働いているから食事管理は難しいよと言い訳無用。理想的なカラダを保つ彼らに、全国どこでも買えるものを条件に高タンパク食を選んでもらった。明日から取り入れたし!


article_20161023_706_ethan_img1_2

シェレン イースン 佑太
●シェレン・イースン・ゆうた ACEGYM代表兼トレーナー。ベストボディ2014優勝、フィジーク2016全国5位。妹同様に甘党で、ご飯前にアイスやスイーツを食べることも。instagram: ethanyutaschellin



外食でカラダをつくるコツ

●タンパク質を摂るルーティンを決めてしまう。(朝・昼・おやつ・晩2回)
●魚からも積極的にタンパク質を摂る。
●3〜4時間ごとに摂ってお腹を空かせない。



article_20161023_706_ethan_img2

麺が食べたいなら豆腐麺。同時に発酵食品をプラス。
コンビニもよく利用するイースンさんだけに、麺の調達もコンビニ。「麺を食べたい時には豆腐麺を使うこともあります。そこにキムチや納豆を入れて、お腹を整える発酵食品も摂るようにしています」。


article_20161023_706_ethan_img3

コンビニのおにぎりは“さけ”で決まり!
イースンさんが、ランチタイムに食べるのは意外にもコンビニのおにぎり。「1日の炭水化物量は300g以下」と緩やかに抑えている程度なので、結構食べるそう。「具は上質なタンパク質と油が摂れる鮭です」。


article_20161023_706_ethan_img4

サバの水煮缶は最高のおやつだ。
朝・昼・おやつ・夜・寝る前と3時間おきに5回食事を摂る。特に食べるのは魚と鶏肉。なかでもおやつとして食べるのがサバ缶だ。「タンパク源として優秀な魚を、魚の油と一緒に丸ごと食べられます」。


article_20161023_706_ethan_img5

ランチの定番は寿司。メニューはサーモン尽くし。
「タンパク質を摂るルーティンを決めておくと摂りやすくなります」。イースンさんが取り入れているのがランチの寿司。上質な魚油に加え、タンパク質が多いのが理由だそう。「毎回お昼に10貫近く食べます」。


article_20161023_706_ethan_img7
article_20161023_706_ethan_img6

コンビニで買うおやつといえばこの2つがオススメです。
おやつ代わりに食べる際にも、気にするのがタンパク量。それもできるだけ添加物が少ない方がいい。「そこで選びたいのが、スモークチキンのスライスや生ハム。美味しいうえに1袋で12〜15gのタンパク質が摂れます」。


article_20161023_706_ethan_img8

チキンにハズレなし。外食の強い味方。
最近増えているメキシカン料理では、チキンソテーがタンパク質を摂りやすい。「鶏皮や付け合わせのベーコンは思っている以上に脂が多いので除いて、チーズ入りやポテトであれば、チーズも抜いてもらいます」。


article_20161023_706_ethan_img9

ファミレスだって選び方でいいカラダに。
質の差が激しいため、牛肉は専門店でしか食べない。そんな彼が認めたのが〈ビッグボーイ〉のローストビーフ。「厚手の肉は満足感がありますね。脂とマッシュポテトは食べず、脂質と炭水化物をカットです」。


article_20161023_706_ethan_img10

〈いきなりステーキ〉ではヒレ肉を攻める。
チェーン店とは思えないほど上質なお肉が食べられる〈いきなりステーキ〉は夕食の定番。脂の少ないヒレ肉を300gと、サラダを合わせて食べる。「付け合わせのコーンはブロッコリーに替えてもらいます(笑)」。


article_20161023_706_ethan_img11

外食の際に選ぶなら鶏肉のラップサンド。
カフェランチで何を食べたらいいかは悩みの種だが、選び方によっては高タンパクにできる。「〈スターバックス〉ならチキンラップサンドを選びます。《メキシカンアボカド》ならアボカドで良質な油も補えます」。


article_20161023_706_ethan_img12

タンパク質と乳酸菌を同時に摂れる優れもの。
現在の朝食ルーティンに入れているのが〈ダノン〉の《オイコス 脂肪ゼロプレーン・加糖》。タンパク質を9.7ℊも摂れ、乳酸菌まで摂取できる。「僕は甘党なので、これにハチミツをたっぷりかけて食べます」。


article_20161023_706_ethan_img13_2

【番外編】我慢できない。そんな時は、0カロリーゼリーを。
甘党のイースンさんは、夕食後、甘いものが欲しくなるそう。「我慢するとコルチゾールが出て筋肉が異化するような悪い影響が。0カロリーゼリーなどで、幸せ感に浸ります」。



妹の栗原ジャスティーンさんが選んだ高タンパク食は、本誌706号でチェック!


Tarzan No.706 腕太く! 胸厚く! 腹細く! 自宅でできる筋トレ 掲載〉
取材・文/緒方太郎 撮影/赤澤昂宥 協力/シェレン イースン 佑太、栗原ジャスティーン