Apr29Sat

座談会&アンケートで判明! 男の性の悩みランキング。

2016.08.11

20〜40代男性の「性の悩み」を徹底調査。
思わず頷く、リアルな心の叫びを紹介!

セックスは日々の生活に潤いを与える快楽行為であり、同時に生き物としての繁殖行為でもある。そう、セックスはわれわれが生きるうえで切っても切り離せないテーマなのだ。
そんな大事な行為だからこそ、セックスにまつわる悩みは尽きない。そこで『ターザン』では、編集部独自に20~40代の男性100人に性の悩みに関する意識調査を行った。内訳は既婚者50人、未婚者50人ずつである。
ティーンエイジャーの頃の悩みに比べると、大人の性の悩みは複雑になってくる。集まったアンケートを見ていくと、パートナーとの関係からマスターベーション、性癖やEDなど実にさまざま。かなり具体的な悩みを寄せてくれた方も多い。それらには本誌701号でメンタルとカラダの専門家にアドバイスをしてもらったのでお読みいただきたい。
ついでに言えば、「悩みがない」と回答してくれた方もそれなりの数にのぼった。本当に悩みがないのならそれはそれで喜ばしいことだが、もしかしたら心の奥底にある性の悩みを見て見ないふりしているだけではないだろうか? そしてこのページを読みながら「俺はセックスに悩んでないけど、みんな大変だな」なんて気楽に構えているあなたにこそ、皆さんの声を自分のこととして捉えてほしいのだ。何かしらの気づきがあれば、あなたのセックスライフはより良い方向に向かうはずである。
さらに下段では、世代別の男性読者4人に性の悩みを赤裸々に語っていただいた。身につまされるリアルな悩みの数々。世の女性たちにも、この心の叫びをぜひ知ってほしい!


2人に1人は悩んでいる精力減退

1位 以前よりも、勃起が継続しなくなった。
2位 アルコールを飲んだ後、勃ちづらい。
3位 セックスをしたくても、そもそも勃たない。

article_20160811_701_nayami_img1

EDは何ら特別なことじゃない。もちろん、若い世代でも。
オトコとしてのプライドがずたずたにされる「勃起不全」。でもこのストレス社会ではやむを得ない面もある。その証拠に、同じ悩みを抱える仲間が大勢いるのだ。治療法も確立されているので、解決方法は意外とシンプルなのだ。


4人に1人は悩んでいるマスターベーション

1位 マスターベーションの回数を減らすことができない。
2位 マスターベーションの翌日、疲労感が残ってしまう。
3位 結婚(同棲)をしているため、なかなかマスターベーションができない。

article_20160811_701_nayami_img2

男の永遠のテーマ。年齢など関係なし!
パートナーがいてもやめられないのがマスターベーション。加齢とともに、右のようにさまざまな悩みが噴出するようだ。女性の皆さん、バカねえなんて呆れずに、耳を傾けてあげてくださいな。これは結構切実な問題なんです。


2人に1人は悩んでいるパートナーとの関係

1位 妻の出産後、セックスの回数が減った。
2位 相手よりも先に自分がイッてしまう。
3位 相手が本当に満足しているのか不安。

article_20160811_701_nayami_img3

セックスは相手ありき。その悩みは尽きない。
パートナーとの関係についての悩み1位は出産後の妻とのセックスレス。この世代ならではだ。2位と3位はかなり近しい内容。ただ裏を返せば、それだけ女性を尊重したセックスを意識している証拠。一緒に楽しみたいもんね。


4人に1人は悩んでいる性癖・性欲

1位 人に言えない性癖を持っている。
2位 日中、ムラムラして勃起が収まらないことがある。
3位 やってみたいプレイがあるが、パートナーに相談できない。

article_20160811_701_nayami_img4

鬱屈したオトコの性。暴発する前になんとか収めたい。
これだけ性が多様化した時代、性癖やプレイの悩みだってさまざまである。もし人に言うのが恥ずかしかったら、次ページからのカウンセリングを参考にいい解決方法を探っていただきたい。同じ悩みを持つ人は、意外と多いのだ。


性のお悩み座談会世代ごとに悩みはさまざま。男4人が性の悩みを激白!

article_20160811_701_nayami_imgA
Aさん(40代)
既婚、子供1人。若い頃はナンパしまくりヤリまくりの生活を送るも現在は良きパパ。その分、たまに風俗遊びで発散している。

article_20160811_701_nayami_imgB
Bさん(30代)
未婚。彼女はいるが今のところは気ままな独身貴族。もうすぐ30代後半、最近少しずつ中年ならではの性の悩みが出てきたところ。

article_20160811_701_nayami_imgC
Cさん(30代)
既婚、2人の子持ち。第2子が出生後は奥さんとの夜の営みも激減。セックス面ではかなり落ち着いており、外で遊ぶこともほぼない。

article_20160811_701_nayami_imgD
Dさん(20代)
唯一の20代参加者。彼女はいない分、趣味を充実させることで気をまぎらわせている。たまに猛烈な性欲に襲われるのが悩みどころ。


A:カミさんとのセックスが仕事のようになっているのが一番の悩み。昔はそんなことなかったのに、子づくりをするようになってからやたら義務的なんだよね。おかげで子供は授かったけど、カミさんとはあまりセックスしたくない。でも最近、2人目が欲しいって言い出したからテンション下がりまくりで。
C:僕の場合はそういう苦労はなかったですね。若いときに結婚したから毎晩のようにセックスして自然と子供ができたし、2人目の時もそうでした。ただ、下の子が生まれてからは奥さんが育児で大変なのでセックスしていません。自分の性欲も薄れてきたような……。たまに、まだ30代でこんなに枯れてしまっていいのかなと思うのですが。

セックスの時、わざとイッたふりをしました。

B:僕の悩みは30代半ばに差しかかって急に精力が衰えてきたこと。彼女としていてもイケないことが増えてきました。気を遣って途中で「ウッ!」ってイッたふりをすることも。ゴムをしているからうまくごまかせるんです。
D:セックスする相手がいるだけいいですよ! 僕は1年以上彼女なしです。趣味のバイクに没頭してる時はまだしも、たまに猛烈に悶々としてマスターベーションしまくっては自己嫌悪に陥るんです。
A:風俗行けばいいのに。俺が20代の頃なんてしたくなったら風俗かナンパかって感じだったよ?
D:ナンパする勇気なんてないですよ! 風俗はごくたまに行きますけど、マスターベーションばっかりです。最近ハマっているのが、風俗に行った人がつけているレビューサイトを見ながらのマスターベーション。お金もかからないし、結構興奮するんですよこれが。
C:かなり歪んだ性癖な気がするけど、そうやって自由にマスターベーションできる環境は羨ましいよね。いくら溜まってても子供が2人もいると家でそんなことする気にもならないのが正直なところ。
A:ウチもそう。カミさんの母親が同居しているからマスターベーションは無理。結婚してからはナンパもやめたし、今はたまに風俗に行くのが楽しみ。自分でできない環境だから、ギリギリまで我慢して、性欲がピークに達したところで風俗に行くのがいいんだよね。そういう点では俺も歪んでるか……。
B:でも独身にとってはマスターベーションって切実な問題ですよ。僕もたまにしますけど、アパートの壁が薄くて隣にAVの音が聞こえないか気になることがありますもん。セックスでもそうですが。
D:職業柄深夜に会社で作業する機会が多いんですけど、ひとりでオフィスにいるとついムラムラしちゃうんです。朝までにやらなきゃいけない仕事が山積みなのに。
B:僕はムラムラといえばやっぱり酒を飲んだとき。こないだも彼女と久しぶりに会って飲んで盛り上がったから「久しぶりに最後までできるかも!」と思ってセックスしたんだけど、結局最後までイケなかった。落ち込みましたよ。
C:飲んだ時にあまり勃たないのって普通じゃない? 僕もそうですよ。でも飲んだ時にしたくなるのは、よくわかります。
B:そのとき彼女はいいよいいよって言ってくれたんですけど、ショックでしたね~。しかも情けないことに、できなかった分溜まっているから、次の日に前日のセックスを思い出しながらマスターベーションしたんです。

セックスしなかった子のSNSをオカズに……。

D:それは精神的にキますね……。ますます自己嫌悪に陥りそう。そういえば、こないだ大学時代の女友達と久しぶりに会っていい感じになったんですよ。明らかに誘ってもいいよオーラを彼女も出してきて。
A:マスターベーションばかりとか言って、やることはやってるじゃん! それでどうしたの?
D:でも結局誘えなかったんです。なんか、友達なのにセックスするとその後の関係が気まずくなるかとつい気にしてしまって。
A:そんなのヤッてから考えればいいのに! あ~もったいない。俺なら絶対してるって!
C:少し上の世代の人たちからするとそんなの気にするのおかしいと思うんですけど、今はみんなSNSでつながっているから、なかなかそうもいかないんだよね。
B:その感覚わかりますよ。僕も今の彼女と付き合う時、どういう子か検索で調べまくりましたもん。SNSのおかげでいろいろ便利になりましたけど、そういう部分は面倒くさくなったなあって。ちょっと名前検索するとその人のSNSが2、3個は普通に出てきますから。
A:俺、あまりSNSやらないからな。そんな感じじゃ昔みたいなナンパなんてできないかもね。その頃なんてせいぜい電話番号交換するぐらいだったし。
D:そういう時代が羨ましいですよ。で、僕もその日誘えなかった子のSNSを後で眺めてマスターベーションしちゃったんです。
A、B、C:……。
D:普通に女の子と知り合って、普通にセックスできれば一番なんですけど、うまくいかないんす。

日付指定に時間指定。そんなセックスが辛くて。

A:でも妻帯者もそういう悩みはあるよ。最初の子づくりセックスの話に戻るけど、ウチの奥さん、排卵日に合わせて日付指定でセックスを求めてくるのはまだ我慢できる。でもこないだなんて時間まで指定してきたからね。俺は宅配便の再配達サービスじゃないっての!
C:それはちょっとキツいですね。そんなこと奥さんに言われたらさすがにセックスできないかも。
A:でしょ? もちろん俺だって子供は欲しいけど、そうやってどんどんセックスが苦痛になっていくのは辛いですよ。
B:世代ごとにいろいろ悩みがあって、考えさせられます。
D:今日つくづく感じたのが、結局セックスの悩みって人間関係のことが多いんだなって。当たり前のことですけどセックスは相手あってのことですもんね。
A:そうそう、カラダのことだけならそんなに大きな問題ってないんだよね。EDなんてのもメンタルで勃たないわけでしょ?
C:僕は皆さんの話を聞いていてずっとセックスしていないのがもったいなくなってきた。たまにはカミさんを誘ってみようかな。


〈Tarzan No. 701掲載〉
取材・文/黒田 創 イラストレーション/小山 健