Aug24Thu

アクションジムに潜入!ワイヤーアクションは想像以上に難しかった…。

2017.06.04

男子たるもの、一度はアクション映画や特撮もののヒーローに憧れるもの。そんな憧れを叶えてくれるフィットネスジムが東京・駒沢にある。ジムの名は〈オハラブロスジム〉という。

オーナーの小原剛さんは長年スタントマンとして活躍。さらには『タイガーマスク』『SCOOP!』『モテキ』など数々の映画作品において監督およびアクション監督を務めた、アクション界の第一人者なのだ。

「オープンは2年前。メインは格闘技系ですが、映画アクションを取り入れたクラスも開設しました。特にワイヤーアクションが人気で、女性の方も結構参加されていますよ」(小原さん)

ジムには本格的なワイヤー設備があり、アクション俳優やその道を目指す若者たちも練習に訪れるほど。早速、筆者・クロダもカラダにハーネスを装着。まずはジャンプからの三段蹴りアクションを体験することに。

ワイヤーアクション
ハエが止まるようなスローモーションの空中3回転。我ながら呆れるばかり……。
ワイヤーアクション
数少ないキメキメのカットがこれ。体幹を目いっぱい意識した結果、翌日は筋肉痛に。

「膝を曲げて屈んだ体勢から、ワイヤーを引っ張るタイミングに合わせて思い切り跳び上がり、すかさずミットに向けて横蹴りを繰り出します。格好よくキメるには、上体がブレないようにすることと俊敏性がカギです」

小原さんが言う通り、ジャンプにせよキックにせよ、ポーズだけ真似しようとしても手足とカラダがバラバラに動いて全然きれいにキマらない。続けてフィギュア選手のように垂直方向にジャンプし、空中で3回転するアクションも体験したが、今度は着地がヘロヘロ状態。アクション俳優の動きの凄さをまざまざと痛感したのだった。

「アクションをフィットネスとして体験できるのはおそらくウチだけ。きれいなアクションほど、いいカラダの使い方なんです。姿勢矯正やダイエット効果も抜群です!」

ワイヤーアクション
小原さんの三段蹴りはご覧の通りの格好よさ。ミットにビシーッと打ち込まれるキックは威力満点。さすがです。
ワイヤーアクション
アクション俳優の卵たちも熱心に練習を行う。ワイヤー引きも3人のタイミングが合わないとうまくいかない。アクションの世界は阿吽の呼吸あってこそ。


オハラブロスジム
オハラブロスジム
原哲夫氏によるケンシロウの壁絵も見もの。東京都世田谷区駒沢2-12-3 B1(東急田園都市線駒沢大学駅徒歩5分)、(TEL)03・6661・0667。(営)10時〜22時(土・日18時まで)。他のクラスもバック転強化、柔術、キッズ向けなどバラエティ豊か。o-b-gym.com


Tarzan No.719 トレランGO! 掲載 〉
取材・文/黒田 創 撮影/石原敦志